2012.06.22 ミザリー
久々に見ました。『ミザリー』。
はは。^^;;;
映画館で見たときも衝撃的だったけど、
随分時が経って
テレビと言う小さい画面で見ても
こ~~~~わぁ~~~~~いっ!!

じゃ、何でそんな怖いのを見たのかと言うと…

ドラマ『相棒』の数ある話の中に
主人公の1人である亀山さんが拉致監禁されて
暗号を読み解け!!と犯人に責められる回があるんですが、
その雰囲気が『ミザリー』に似ていて。

小姫にその話をしたら、見てみたいと。

で、実際見てみると、
ふふふ。 恐怖でプルプルしてましたよ。
お化け幽霊妖怪の怖さじゃなく、
人間の強欲さが招く心理的な恐怖は、
より、身近にも感じられる分怖いですからね~~~。

「も~、も~、も~~っ!!
 なんなのこの女の人っ!!!」
「あ~~~っ!やだっ!笑顔が怖いよ~~~。」
「まだ『相棒』のほうが酷くないじゃん!!」
見てる間、やかましい。^^;;;
お陰で、見終わったら疲れてましたけどね、小姫。(笑)

原作、スティーヴン・キングだったはず。
ホラー小説家、だよなぁ。
ホラーは苦手だから、読まないんだけど
まぁ…、読まなくて正解よね。
こう言う、日常に紛れ込んでいる狂気って、
リアルな分、怖さ倍増だもん。

ん?この頃は、小説よりもリアルな世界のほうがホラー?
あぁ、そうかもしれない。



昔の映画の話をたまにしてます。
小姫ったらいいやつだから、
そう言うの、見てみたいと言ってくれるんですよね。
今、見てみたいと言っているのは、
『夢』(黒澤明監督のよ~)
『E.T.』。
そう遠くないうちに、借りてこよう、うん。

「ただなぁ~、お母さんの話のほうが面白くて、
 実際見たら、がっかりってパターンも結構あるんだよね~。
 本にしても、映画にしても、テレビにしても。」
!!!
こ、この言葉は聞かなかったことにしよ~~~っと。



Secret