2012.03.06 正解はどこ?
”何かしらの作品”は
送り手の伝えたいメッセージがある。

だけどたぶん、送り手の伝えたかったことと
受け取り手が受け取るものが
完全に一致することは、ほぼない。

それでも、伝えたいことのある送り手は、
誤解されることも重々承知で、送り続けるしかない。

好き、嫌いに正解がないのと同様
解釈というものにも、もしかしたら正解はないのかも。

ここで紹介したことがあった気がする
『遥かなるクリスマス』。
私は作り手のファンだから、好意的に解釈する。
だから、全く違う分析、解釈を見て
かなりの衝撃…。

この記事の解釈も見る角度を変えれば
成り立つものなのかなぁと、敢えて否定はしないけど。

ちゃんと一曲通して聞いてみてなお、
しかも、この曲だけしか知らないわけじゃないにも拘らず
こう言う受け取り方があるんだね。

メッセージを送るって
大変なことなんだな。
本当に、本当に大変なことなんだな。




Secret