2011.12.22 声ってさ
今週は、最終回ウィーク。
バタバタバタバタっとドラマが最終回を迎えてますね。

視聴率が良いのか悪いのか、
数字を見なくても、そのドラマの取り扱い方で一目瞭然。
良ければ時間拡大。
悪ければ…、あ、縮小は流石にされないか。
(よっぽどだと打ち切りはあるみたいだけど)

昨夜は思いっきり前者のほう。
他の番組内でも特集コーナーが組まれる物凄さ。
そりゃ、相当のインパクトがありましたけど、
ここまで大騒ぎだと、若干引いちゃうんだよな~
だって、私は天邪鬼だから。(笑)

それでも、最初から狙いを定めてチェックしたドラマなので
最終回を見逃すわけにはいかず~
バッチリ見ましたよ。

ん~と。
これは、さらっとブログに書いちゃいけないのかな?
ヒロインの動向が最終回の盛り上がりのキーだから。

でも、放送は終わってるし、いっか。

最終的にアンドロイドめいたヒロインは
ぎこちないながら、笑顔を見せてくれました。
ほぅ… やっぱりお美しくていらっしゃる♪♪♪
涙をすぅ、すぅ とこぼしながらの微笑が絵になるわ~。
確かに美人は、そこに存在するだけでも価値がある! うん!

今まで、ドラマの中で散々言われていた
「承知しました。」
と言う言葉。
その涙と微笑みのシーンで口にされるんですが、
その声の柔らかさが、段違い。

勿論、そう意識されての言い回しでしょうけれど、
同じ言葉とは思えないような優しい響き方でした。

声ってさ、声ってさ
当然のことながら、表情と連動するんだね。
なんか、しみじみそう思ってしまった。

私が子どもを叱るときに
子どもたちが震え上がるのは、
激烈な感情を押さえ込み
出来る限りの無表情で言葉を継ぐからなのかもね。
そんなことまで考えちゃいました。
あははっ


Secret