今年もPTAのガーデニング教室を開催しました。
青空の下、光燦々の中、ワイワイと楽しく賑やかに!

と、言いたいところですが、
雨降りでした…。

そうなんですよね~。
学校のお庭でやらせていただく行事なんですが、
雨天決行なんですよ。

あ、勿論、雨天の場合は
青空教室って訳にはいかないので、
普段は生徒さんが使う昇降口を使わせてもらうんですけどね。

よく言えば、伝統のある。
悪く言えば、古臭い校舎。であってみれば、
靴箱があるだけの場所に照明はあまり使わずで
薄暗いんだ、これがっ!!!

狭くて、薄暗くて、しかも生徒たちの靴箱が
空間を切り刻んでしまい
講師の説明の声も、見本の鉢もよく見えない悪条件の中
それでも、それなりに楽しく出来ましたよ。^^

昇降口内に汚れないように新聞紙敷き詰めたり
バタバタはしてましたけどもね。
でも、空間が狭まった分、参加者同士の物理的距離が縮まって、
結果、言葉を交わすことになり、
かえって雰囲気的には、和気藹々感が強まったかも。
塞翁が馬ってところですかね♪

雨降り、こう言う行事のときは
ちょっと困りものではあるけれど、
やっぱり、雨を嫌いにはなれないな~。
雨を透かして見る風景の落ち着いた色合い♪
なんてなんてなんて綺麗なんだろうか…。
心浮き立たずにはいられない。

ま、浸ってる場合じゃないんだけどさ。
昨日みたいに行事でやること満載の時には。
だけど、胸の中一杯に空気吸いながら、
空を仰がずにはいられないんだよな。

去年とは違ったところにレクチャーをお願いしたんですが、
講師の好みとか、やっぱり出ますね。花の選び方に。
今年の先生は、少々お歳を召した先生だったせいか
全体に落ち着いた感じのコンテナになりました。
彩り華やかな花満載!ではなく、グリーンが中心で、
えっとぉ… 地味。^^;;
私は嫌いじゃないけど…、参加の方々はどう思われたかな~。

寄せ植えが一通り終わった後に
その地味さを払拭できるような一工夫がありました。
植物に無害な植物専用のりを作品全体に吹き付けて、
そこにグリッターをパラパラ。
全体的にラメラメ、キラキラに変身で
地味さ一変、クリスマス~な雰囲気に。
これには、歓声が上がっていたからウケがよかったのかな。

私的には、そう言う装飾の仕方は嫌いだけども。^^;
植物も動物も、人間の目から見ての華やかなおしゃれを
させるのは、本来の美を殺してしまうようで。
あるがままが一番きれいだと思うんだもん、私。
(茶道かよっ! 侘び寂びかよっ! 枯れてるなっ!!)

そしてそして、
ガーデニング教室がどうにか無事終わって、
昼食を取りがてら反省会。
会議している間に、強くなる雨… ^^;;;
終わる頃には、いつの間にやら、嵐やん… ^^;;;
流石にここまで酷いと、雨を鑑賞する気も吹っ飛ぶわ~。

今日は旦那に迎えに来てもらって
事なきを得たけど、
自転車の後ろに大きな鉢と植えつけられた植物で
ヨロヨロ走って帰ってたら
濡れ鼠のレベルで収まらない悲惨な格好になったろうな(笑)
風に煽られて、ひっくり返ったかもね。

ま、ま、そんな感じで
今年のガーデニング教室も終わりました。
あー、後もう一回かぁ。
来年は委員長さんなんだよね、私。
はぁ…… なんの因果なんだろか。

う~~~。
ガンバロ
(わ、声小っちゃ!!)


Secret