2011.10.31 とこしへ
近所のTUTAYAさんではレンタルしていなくて、
だから、聞くのを諦めていたアルバムですが、
そっか、図書館で借りるって手があったのだな~。
気がつきませんでしたよ。(笑)

そして、借りてきたのがタイトルのアルバムです。

2005年のアルバムでした。
今からもう6年も前なんですね、リリースされたの。
まだ小姫が1年生ですよ。
ま、のんびり音楽聞いてる場合じゃなかったよな。
仕方ない。

全11曲収録。
相変わらず選りすぐられた言葉を使う方だな~。
このアルバムで”君影草”って言うのが
すずらんの別名だと知りました。
”秋去姫”が織姫星、ヴェガの異名だと言うことも。
こう言うの、胸が騒ぎます。
日本語、もっと知りたいな~。

大抵の曲は作詞作曲歌と全部お1人でやられますが
このアルバム内の『手紙』は曲を
りんけんバンドの照屋林賢さんがつけられてます。
だから曲調も少し琉球の香り。
曲の中、三線の音が入りますが林賢さんの手によるものです。
いいね! とっても素敵♪
さださんがお嫌いな方にも勧めちゃうな。^^

そしてそして、相変わらずのライナーノーツ。
秀逸だなぁ…。
曲を聞いて、ノーツに目を通し、再び曲を聞くと
また曲が違って見える。
全部合わせて、まるで、短編小説みたい

歌詩の中にもたくさん印象的なフレーズがあって
ご紹介したいけど、
そしたら、どんだけ長い記事になるんだ!?ってレベルなんで
やめておきます。

でも、アルバムタイトルにもなっている『とこしへ』に
添えられたノーツについては一言言っちゃうね。
「とこしへ」の語源にまで迫っていてとても好みです。
そして
「どうぞ誰もが『とこしへ』に『安心』出来る場所に
たどり着けますように。」
と結ばれる祈りの言葉も。

あ~、全部を丸写しして載せたいけど
そんなのダメよね?
見て欲しい、見て欲しい
心ある人に。





Secret