2011.09.22 実るほど…
久々に『情熱大陸』を見ました。
毎週毎週ちゃんとチェックすれば
得るものも大きな番組だと思うんですけど、
ま、なかなかな~。^^;

いつも、終わっちゃってから、
「う!! この人だったのか~、見てみたかったな~。」
なんてことが多いんですが、
どんなご縁か、今回は終わる前に番組発見。

そして、そして。
取り上げられていた今回の主人公は、
中村吉右衛門さんで。
思わず、見逃さないように即刻録画予約入れました。

私が超一流だな…と感じさせられる人は大抵
タイトルのように腰が低くていらっしゃる。
それから、心が凝り固まらず、軽やかでいらっしゃる。

たぶん、自分が積み上げてきたものには、
あまり執着がおありにならないからなんでしょうね。
超一流の人の視線は、下とか、過去とかでなく
更に上に、そして、未来に向けられているのでしょう。

この秋、
重要無形文化財に認定されたとか。
人間国宝、ですね。

それでも、特に気負われることなく、
平常心で淡々と。

と、言うか。
いつ何時でも、全力。出来うる限りの最大限だから、
今更、他に力を入れようがないというのが、
正しいかもしれません。

「60年やっていても、未だに慣れない。」

とても印象的な言葉です。
超一流の秘密を見る気がします。



Secret