2011.07.19 ちやほや
スポーツ界で、色々な”快挙”がなされるたびに
日本中が沸き立ちます。

日本が傷ついているときだから、
今回の”快挙”は殊更に。

悪いことじゃありません。
血のにじむような努力に対し、大いに祝福は与えられるべきだし
賞賛されるべきでもある! と思います。

でも・・・さ。

最初から、彼女たちに注目していた人がどれ程いるん?
最初から、応援し続けていた人がどれ程いるん?

優勝したと言うことで、初めて注目した人も
いるのと違うかな?

強いことに対し、結果を残したことに対し
反応する人の”ちやほや”は、
いざ、次の結果が出なかったときの掌返しも
多分迅速で容赦ない。

そう言うことによってアスリートたちが傷ついても、
不特定多数の仕業だし、
自分に責任があるって思う人はいないでしょ?
無責任だよね。
故意じゃないけど、故意だと思うんだよな~、そう言うの。

結果を出せないのが悪いんじゃん!
って、思う?
ま、そう言っちゃえばそうなのかもしれないけど、
色んな要素が組み合って結果は出るものだから。
勝負は水物って言葉もあるんだし。
それを一刀両断に”結果次第”なんて、きつすぎる。

だから、あとで簡単に見捨てるなら、
今もどうぞ、ちやほやしないであげてって、思う私は
やっぱりどっかおかしいのかな~。




Secret