New Album中、PVまで製作して
恐らく、イチオシの『まだ見ぬ世界へ』。
PVのイメージのせいもあるけど、
なんだかね~、レーザービームみたい。
身体を貫くレーザービーム。
え、どこがって?
う、訊かないで。
そう言う”印象”なだけだから。

もう一曲、リリース日を前にオープンしたのは
『遠くまで』。
こっちは、JALのキャンペーンソングだから、
リリースに先駆けてにならざるを得ないか。
一番新しいシングルのカップリング曲
『ever』を、川面に反射する光のイメージだとするならば、
この曲は、光をはらんだ風。
「風光る」は春の季語ではあるんだけど、
梅雨明けの余計な塵は全部雨が洗い流してくれた後
どこまでも、クリアな風のイメージ。

ソロ曲を一番早くオープンにしたのは、長男くん。
♪ 花子 どうしたって・・・  ♪
いやいやいやいや。違うから。
花子ちゃんの歌じゃないし。
ま、冗談はさておき。
この人のソロは、歌詞を追うのが中々に困難。
歌詞カード見ても、全体像をイメージするのに時間が掛かる。^^;
誰かが「長男くんがユニット内で、一番セクシー」って
言っていて、そのときは、「?」と思ったけど、
歌を聞いてると、あぁって、納得する。
今回のソロ、また一段と・・・

次にソロ曲を耳に出来たのは、三男くん。
聴いてて、思わず噴出しちゃったサ。
曲から受けるイメージは、ブロードウェイ・ミュージカル。
ラブ・コメ、かな。
好きな女の子がいるんだけど、
既に距離が近くなりすぎちゃって「好き」と言えない。
言おうとすると、ミョ~に話がずれていく。
そのたび、「じゃなくて!」って言いかけるんだけど
軌道修正ならず。
なんか、実際にこんな恋愛してそうで。

あともう一曲聴けたソロは、四男くん。
久しぶりにカーラジオで聴いて、雑音入りまくりだったのが
悔やまれるな~。
温かなメッセージ性のある曲のようだったのに
よく、聞き取れなかったよ。だけど…
長男くんがキチェスなら、
四男くんは「ルーン遣い」。
ストレートな意味じゃなく、この人の歌、苦手…。
どうして、他人のパーソナルスペースに
いつの間にか侵入を果たしているのか何となく分かる。
ご本人の作詞作曲の曲を聴くと。

先週末に末っ子くんのも聴けるかと思ったけど、
掛けなかったなぁ。
リクエスト・ベースで曲を選んでいたからな~。
まあ、どちらにせよ、来月には全ての曲を
聴くことになるんだけどね。

と、リリース前のささやかなおしゃべりでした。 ^^