2011.06.16 胡蝶の夢
お昼を食べて後、逆再生・・・ ^^;
殆ど倒れこむようにして、畳にまでたどり着き
夕方近くまで、うつらうつら・・・

そのときに見た夢が、
ありえないほど楽しい夢で。

神さま・・・
苦しい状態のときのこんな幸せな夢のプレゼント。
ありがとう。

”周の夢に胡蝶と為れるか、胡蝶の夢に周と為れるか”

意味は違うと重々承知の上で、思わず荘子の逸話引いて来ちゃった。
私は胡蝶になりたかったよ。
夢の中の私と入れ替わりたかった。

ふぅ。目覚めたくなかったなーーー。