そして、番組最後はブータン紀行。
訪れたレポーターと言うか、旅人さんは
番組内では、
自分も幸せを物質に頼るところがある。
と発言していたけれど、
この人は… しあわせってなんなのか、
本当は知っていそうな気がする。

幸せって何なんだろうって考え始めると
とっても難しい気がするけど、
実はとってもシンプルなのかもしれないね。

自分を含めた、半径3mくらいにいる人が
笑顔でいられること、とかさ。

じゃあ、笑顔でいられる要素って何だろう?

それはたぶん、モノゆえのことじゃない。
一流と呼ばれる物品に囲まれていても、
究極、心は埋まっていかないもんね。

♪ 都会の暮らしは鮮やかな色どり
  華やかな寂しさと夢に良く似た嘘と   ♪

って歌にもあるように。

・・・・・。 ”夢に良く似た嘘”だって。
人それぞれに「夢」と「嘘」の解釈する内容は違うだろうけど、
なんとも手厳しい、刺さる言葉ではあります。
少なくとも、
まだ子どもと呼ばれるような時期から
こう言う歌に親しんできたら、
物質至上主義にはならないよな~、やっぱり。

で、笑顔でいられるために、ですよね?

どんな形でもいい
自分が必要とされていると感じられること。
誰かにとって、自分が大切な存在だと思えること。
自分が何かやることで、誰かが幸せになっていると
実感できること。
自分の存在が、何かの役に立っていると思えること。
自分自身をかけがえのない存在だと信じられること。
そして、
自分が属するものに対して、誇りを持てること。

じゃないかな…。
って、結構挙げちゃったなぁ。^^;
やっぱり私、相当欲張りね。


元々は、全部あったはず…。
そして、これが揃っているようなら、
心を病む病気って、ないはず。
社会の仕事は、細かく分けられて、割り当てられることで
効率はUPしたかもしれないけれど、
充実感が薄くなってしまってないか?
家の仕事は、電化製品が助けてくれたり、
コンビニなんかの品揃えが充実することで、
格段に楽になったけれども、
だからこそ、一所懸命やったとしても価値がないように見える。
そんな中、
どうやったら、自分が大切な存在だなんて思える??
どうしたら、自分が唯一無二の存在だと誇りを持てる?

かくして、幸せからは遠のいていく… 気がする。
うん、気がするだけ。


もっとシンプルに、幸せになる方法。
自分の今持っているしあわせに気付くこと。
たぶん、それだけ。
なんだよな~。

色々、理屈こねくり回して
とってもとっても矛盾している記事になっちゃったね。
この記事読んで、混乱してしまった人があったら、ごめんなさい。