2011.05.25 ゆえに
最愛の奥さんが亡くなって
だから、早々に奥さんに会いに逝ってしまった…

と、言う。

普段は滅多に使わない「愛」と言う言葉だけれど、
漏れ聞く話を聞くたびに
「あぁ、そうか。本当に奥さんを愛していたんだな。
愛しぬいていたんだな。」
と、思う。

何の波乱もなかったとは言えないらしいけれど、
それでも、
洋子さんを洋子さんゆえに愛していたのだと
そう、思う。


私も、史を、史が史ゆえに愛するって人に
会ってみたかったな。

でも、そんな風に考える人に
そう言う人は現れないものです。

愛される人と言うのは、まずは深く愛する人だから、ね。
心が欠けている私じゃ無理なの。