2011.04.04 ホントの自分
どの自分も、ホントの自分には変わりないけど、
外側に出す自分は、
素の自分よりは、何%かよくしてるかな。
自分勝手に、我が儘にふるまっていいってことは
他の人と一緒に生きていく場合、ありえないし、
軟弱な自分を前面に出してやっていけるほど
勇気がないから、ちょっと(いや、かなり)嘘をつく。

でも、そんなダメダメなあなたでも悪くないよって
そんな風に優しく背中を押してくれる歌が
何故か、ホントに何故か突然
ふと心に浮かびました。

『True Colors』

イメージ的には、Cyndi Lauperの曲ですかね。
私も最初に聞いたのは、Cyndiバージョン。
印象もだから、一番強かったりします。
でも、もう一人
Ron Richardsonが歌った『True Colors』も好きです。
ブロードウェイ・ミュージカル『Big River』のサム役で
有名なミュージカル俳優さん…
もう、今は亡き方ですですけどね。

あったかな、あったかな歌い方なさる人で。

ダメな自分でも、ちょびっと許してあげたくなります。
ダメな中にもいいところ、隠れているかもしれないって
そんな気になります。

実際は… まぁ… 事実と言うのは中々に残酷ですけどね。

たまにはでも、
こんな風に背中を押してもらわないと
膝から崩れ落ちちゃいそうになるときもあるから、
たとえ、少し嘘でも、
嘘って分かっていても、サポートが欲しいときはあるよね。

別に落ち込んでるわけじゃないけど
今日は一日中、この歌を抱いていたいです。^^



Secret