2011.03.27 台詞
役者さんって羨ましいな~と
思うこと、少なくありません。

理由は色々ありますが、
一番は
一流の脚本家さんが書いた台詞をしゃべれること。

物書きは、石に刻んででも残したいと思う言葉を
書き連ねるのがお仕事。
一流の物書きさんの書かれたものは、
やっぱり一流のものですよね。

人の心を深く動かす言葉、です。

台詞を言うには、その台詞を一度は体の中に入れますよね?
たとえそれが、芝居が終わればすぐに出て行って
消えてしまうのであったとしても、
少なからず、台詞を喋った人の血肉になっていくはずです。

羨ましい。
羨ましすぎる。

これは、私に限っていることかもしれませんが、
耳から入ってきた言葉と言うのは、
私の中に長く残らないんです。
私はやっぱり、目(=字)で捉えないと。

実は、台詞だけで埋め尽くされ、情景描写のない戯曲は
読むの、苦手なんですけどね。
いくつかドラマを見ていて、
「か、完璧だ、これ!!」
って、感銘を受けた台詞がいくつかあったので、
衝動的に記事書いちゃいました…。



Secret