大姫の一コ下の子、高校に行っても
新体を続けるって言ってたんですが…。

どうやら、受験をはさんで、
やる気の糸がふっつり切れてしまったようです。

新体の先生は、その子にも多分期待してるんでしょう。
なんとか、復帰させたいと考えておられるようです。

でも、常連の皆様にはお分かりかと思いますが、
高校生の立ち位置が、本当に悲惨だったりしますよね?
大姫も、この3月で見切りをつける方向で、
心を固め始めているようです。

その大姫に、先生が、
彼女の説得を依頼してきた…。^^;;;;
まぁ、大姫もまだ、3月で辞めますとは言ってないので、
まだまだ続けることを前提にした依頼なんですけどね。

もし、大姫が本当に3月一杯で新体を辞めるとしたら、
彼女が高校に入って始めた場合、
入れ違いに大姫はいなくなってしまうわけです。
それなのに、
「頑張って続けたほうがいいよ!」
なんて、あまりに無責任すぎて、大姫は言えなかった。

代わりに大姫は、
「高校で、やりたいことが見つかったら、
それをやってもいいんじゃなかって、思うよ。」
って、言葉を彼女に贈ったわけです。

でも、先生としては、
なんとしても、説得してもらいたかったらしく、
大姫をちょっと責めたみたいでした。

でもね。
大姫が新体を本当に辞めるにせよ、続けるにせよ
いい加減に、やったほうが良いよって言わなかった大姫を
私は褒めてやりましたよ。
続ける続けないは、個人の責任において自由です。
大姫に誘われたから、と言う理由で始めたとしたら
過酷な状況に立たされたときに
彼女に”逃げ”の口実を与えることになる。
それじゃ、ダメなんです。(と、私は思うの)
それでなくとも、このなんとも頼りなげな状態に
どうして、心揺れている後輩を引きずり込めましょうか?

練習したくても、練習するスペースすら確保できない。
中学生の落ち度は、全て高校生の指導不足のせいにされる。
大会のときには、殆どパシリ見たいなことをさせられ、
しかも、誰からも労いの言葉もお礼もない。
挙句に、練習についての連絡もまともに回ってこない。

精神的には、ある意味、鍛錬されますけどね…。
人間不信になるわいな。

誠実をつらぬくって、大変。
自分の信念と、それと合わない意見を突っぱねる根性が不可欠。
疲れるんだよね、これって。

また、傷ついて泣かなきゃならないのかなー。
げんなりしちゃいます。



Secret