キラキラと風のように笑う…
とか
泡が弾けるように笑う…
とか
どんな素敵な笑顔なんだろうな~って
想像はしきれないものの、憧れたりなんかします。

笑顔って言うのは、
その場の空気を穏やかに柔らかくしてくれて
温度をふんわり上げてくれるものですよね。
誰の笑顔でも。

大姫の少し恥ずかしそうに笑う笑顔も、
小姫の向日葵みたいな笑顔も
ついでについでに、二人の身を捩るような大笑いも
(よ~っく、笑い転げてるんだ、これが!)
どの笑顔も私の自慢の笑顔です。
優しくて、温かな空気を作ってくれます。

でも、華やかって訳じゃない。

実は、最近
華やかな笑顔を浮かべる人を見つけました。
その人がニッコリするだけで
その場の照度が10ルクスくらい上がる感じ。
こう言う笑顔の人がいるんだな~って
失礼ながら、まじまじ見ちゃいました。

こんな風に華のある笑顔って、初めて見たなぁ…。
特別、綺麗って訳じゃ、たぶんないのに。
持って生まれた資質と
その人のしてきた経験が磨いてくれたんでしょうね。

ふふ。
ねぇ、ちょっとだけでいいから
こっちを向いて、そして、笑いかけてくれませんか? ^^




Secret