2010.12.27 冬休みの敵
子どもたちは早々に冬休みに入っているわけですが
冬休みって、夏休みとはまた違った意味で
誘惑が多いですね。

冬至のゆず湯とかぼちゃはまだいいとして。

食べ物の誘惑が半端ない。
ケーキにチキンにオードブル
お節にお餅にお雑煮
味が濃いものばっかり!!!
カロリー高いものばっかり!!!
そして、
寒いから外にはあまり出ない傾向もあって
どうして肥えずにいられましょうか???

私はまだいいとして
(いや、本当は全っ然よくないけど!! 
 一応まだ女性のつもりだし)

まずいのは、大姫が先ず筆頭だろうなぁ。
肥えたら、跳べない。
いわんや、体に負担掛けて跳べたとしても、
着地するのに、大きな音がしてはならないのに
出来なくなるって、絶対。

そして、小姫。
ふっくらと可愛い…ってレベル、すでに超え掛けてるのに
(だって、背も大きいし…)
これ以上になったら、角界からお呼びがかかっちゃうよ。
それに、やっぱりバレーやるなら、
ネットから手が出るくらいにはジャンプできないと
アタック一つ打てないし。

旦那は…
す、すでに論外。
あの自覚の薄さと意志の弱さではどうにも出来ん。

あぁ、食欲との戦いって
敗戦色濃厚。


そうそう。
大姫には、もう一つ強敵がいたっけ。
英語の宿題に英語の本1冊渡されてました。
タイトルは『Sherlock Holmes and the Duke's Son』。
『ホームズの帰還』に収録されている短編の一つですから
それほど長いものじゃないでしょうが、
英語嫌いの大姫にとっては難敵。

読み下して、巻末にある問いに答えを書き込むのが
多分宿題になっているんだと想像しますが、
ふふ、ご苦労なこってす。^^(← 他人事♪)

「良かったじゃない♪ まだ、ホームズで。
”読み物として”楽しめるんだから、まだましじゃない?
こ~れが、偉人の伝記だったりしたら、もっとタイヘ~~ン♪」
と、笑う私に
「そ、そんなの分かってるよっ!!!」(若干涙目)
ククク、切れております。

冬休み、敵ばかりですなっ。



Secret