来た! 来ました♪
2009年、年末カウントダウンコンサートのDVDが!

ところは、ビックリの国技館ですよ。
でも、音楽のコンサート。
ははっ! 中々の場所に目を付けられたもんです。

へ? 誰の???
ふふ、聞くまでもありません。
さだまさしさんの、ですとも。^^

単独、アコギだけを伴奏にしたコンサート。
歌うのは、基本土俵の上に設えた舞台ですから
いつものメンバーがスタンバイできるだけのスペースが
ないんですよね。
だから、本当に丸腰って感じです。

シンプルです。
でも、シンプルでも鑑賞に耐えます。

もう、さださんのファンになってどのくらい経つんだろう?
結婚して、子どもを産んで、
めまぐるしい時間の中、途中すっぽ抜けちゃったけど。
だから、知らない曲も増えてしまったけど、
それでも、聴けば、潮が満ちてくるように
なにかが自分の中に流れ込んでくるようです。

曲にしても、トークにしても
さださんを聴くときは、
強烈に自分が日本人であることを意識します。
でもそれは、歪んだナショナリズムではありません。
日本的な美意識とか、日本的な気質とか、
本来、根底にあるはずのものを呼び起こされます。

世界を舞台に仕事をする場合には、
積極的で、強気であることが望ましいと思いますが、
それって「奥ゆかしい」と言うものの見方からすれば、
方向性は逆ですよね。

そんなこと言ってたら仕事にならないけど
やっぱり、ディスカッションが苦手で
主張するのが苦手で、はにかみが強くて
判官びいき気質って、好きなんだよな~。

って、そんな考え方、感じ方だから
異国の人を相手に仕事しきれなかったんだけどさ~。

あ~、たくさん喋り倒したい。
でも、既にもう読みづらいほど長いし…。
にも拘らず、
実はまだ半分しか聴いてません。

全部聴いたら、どれだけ喋るんだろ、私。σ(^^;)



Secret