2010.09.16 褒める
けなすってのは、まぁ、
聞いていてもあまり気持ちのいいものじゃない。

でも、褒めるってのも、
場合によっては、気持ち悪いときもあるのね。

「褒め殺し」なんて言葉があるけど、
少しだけ、ほんの少ぉ~~~しだけ
あぁ、そう言うこともあるのかもしれない、なんて
感じてしまった。

闇雲に浴びせられる賛辞の言葉は、
本来の価値、実力を踏み間違えさせるきっかけになりかねない。
そして、
判断の誤った実力や価値は、
あっという間に踏むべき地面をなくして
手痛い結果を運んでくる。たぶん。

その手痛い結果から学んで
立ち直ることもあるだろうし、
立ち直ったら、こける前よりも数段強くなるのだろうけど…。
限られた時間の中の場合、
悠長に立ち直るだけの時間を待てない。

「素晴らしい」だけじゃなく、
何がどれだけのレベルで素晴らしいのか、
正確に伝えられる術があるといいのに。
何が危ういと思われるのか、
正確に伝えられる術があるといいのに。
でも、悲しいかな
心の中を正確に表す言葉を持たないんだよな。
少なくとも、私には無い。
(加えて、その立場でもないんだけどさ。)

ゆらゆら揺れるつり橋の上、
何を見てる?



Secret