ユニット折り紙と聞いて、ピンと来ますか?
えっと。
同じ形のパーツをいくつも作って
それを組み合わせて1つの大きな作品にするものを
そう呼ぶんですけど。

昔懐かしい花の薬玉なんかが
そのもっともオーソドックスなものです。

で、そのオーソドックスな薬玉の作り方を
すっかり忘れてしまったのに
そのパーツの花をふと折りたくなって
薬玉の本を借りてみました。

結果から言うと、その伝承の薬玉の折り方は
載ってませんでした。
その代わりといっちゃ何ですが、
本当に色んなパターンの薬玉が載ってましたよ。

どれも、とってもきれいで、
折ってみようかなって気にさせられます。
で、実際、ユリの薬玉を小姫と折ってみました。

思ったよりも難しかったですが、
(折り方と言うよりも、組み合わせ方が…)
出来上がると、ホント華やか。

ただ、一つ作り上げて気がついたことが。
折り紙、折る前は場所取らずなおもちゃですが、
いざ、折り上がると、結構場所塞ぎで邪魔。

他にも作ってみたい作品があるけど、
作った後のことを考えると、躊躇します。
だって、折角作った直後にゴミ箱とか、
むっちゃ気持ちが落ちるでしょ??

折り紙のサイズを1/4なんかにすれば少しは
出来上がるもののサイズを小さく出来ますが、
そうすると、今度は折るときに細かくなっちゃうし。

なんか、いい方法ないかな~。



Secret