終わりました。
私にとっての夏の山場が。(早っ!!!)

お祭りも終わりました。
今年は、小姫のエントリーがなかったから
なんとな~~~く終わった感もありますが。

夏休み初日、色々な買出しで
あっち行って、こっち行って、
あれ探して~~~、これ探して~~~の声に応え
してるうちに、終わっていきましたよ。
1日、24時間あって、いつもと変わりないんですが
いやぁ… とてもそんな風に思えない短さで。

そして、大姫の大会です。
同じクラブからは、2人だけのエントリーで
しかも、中学生の大会と同日で、違う場所での開催。
応援は、それぞれの家族だけと言うちょっと寂しいもので。

なんて思ってたんですけどね。
あはは。大誤算が。
1歳上の元クラブの先輩の子が、高校でのエントリーを
してたんですが、
その子が、その高校の仲間を引き連れ、
大姫とヴェジちゃんの応援をしてくれました。

び、び、び、びっくりするほど盛大な応援で
(学校としてののエントリーだから、応援がたくさんいたのよ、これが)
応援はないだろうと思っていた大姫は、
その予想との余りのギャップに気後れ~~~(笑)
思い~~~~~っきり、大きなミスしてました。
ま、もっとも、練習のときから出来てなかったので、
出来るはずがなかったんですけどね♪

ヴェジちゃんは、壮行会で足を痛めちゃったんですが、
その負傷を押しての出場。
足首と、靭帯を傷めたようなんですが…
気が張っていたのか、痛みを感じなかったようで。
(いや、そんなはずはないと思うんだけど)
でも、頑張ってた。
他のエントリーの子に見劣りするような演技はしてませんでしたよ。

そしてそして、
今、これを書いていると言うことは、
無事、運転も終わっています。
会場の信じられないほどの暑さをものともせず! です。
熱中症にならないように
ひたすらひたすら水分をちょっとづつ摂り続けたんだもん。

そうそう。
本当に会場は死ぬほど暑いんです。
体育館の上の方~~~~~~の窓が左右とも最初開いていたけど
余りにも上のほうで、涼しい風が入ってくる気がしない。
だけど、開いてるだけまだましだった…
途中、外の音が余りにうるさいということで
(音楽を使う、繊細と言えば繊細な競技だから)
その音が入って来る側の窓を全面閉鎖。
く、空気がっ! 空気が澱むっ!!
そして、フープ、ロープ、ボールと終わってリボンになると
体育館の窓、如何なる風も吹かないように
全て、そう、完全に完全に閉鎖。
この、最高気温34度とか言われていた日、
まだ、3時ぐらいですよ。暑いんです。
でも、閉める。
完全密封です。
あ、勿論のことながら、エアコンも掛かりません。

・・・・。 

二酸化炭素充満中~、呼気なので、水分も混じり中~
これで何で具合悪くならないんだ?って思うような
物凄い状況での応援。
よく無事で、帰ってきた自分!
ビックリするような渋滞に巻き込まれながらも、
自転車やらバイクやらが、狭い車道をびゅんびゅん走る中
事故らないで、よくやったぞ、自分。
(誰も褒めないから、自分で褒めときます!)

小姫も劣悪な環境の中、文句言わずに頑張ってくれて
ありがとう♪♪
感謝してます。

ってことで。
夏の最初の波をやりすごしました。
さて、次は何だっけ????(恐)





Secret