英語の定期テストを控えた前日の夜…
大姫の余りの混乱っぷりに
悪いと思いつつも、笑ってしまいました。

大姫の混乱の大元は、
今回の場合、時制。

日本語って基本的に時制は、3種類でしょ?
現在、過去、未来。
ところが、英語って、時間に関してやたら細かい。
現在形、過去形、未来形が、もっともオーソドックスで、
それに、現在完了、過去完了、未来完了、
現在進行形、過去進行形、未来進行形。
こうやって書き出すと、理路整然として分かりやすい気もするけど、
いざ、中身の説明となると、
意味合い的に重複してるんだよな~~。

大体、3つしか時間の概念がない言葉で
もっと時間の概念がある言葉を置き換えようとするのが、
無理な話なんだよね。

話し手の感じてる感覚次第で、
勿論、文章は変化するわけなんだけど、
それを説明するのは、無理。

それを何となくでも理解するのは、
経験と、それに基づく勘だよね~。

「は? 何でこの日本語にこの英文??」
「え? きっとそうなるっていうのと、
このままいくと、確実にそうなるって言うのと
どこがどう違うの?」
「状態のときには、INGがつかないって、どういうこと!?」

出来れば、解説してあげたいけど、
なんて説明していいのやら、こちらも分からずで、
悪いと思いつつ、
もう、おっかしくて、おっかしくて。
その大姫の混乱ぶりも、私自身の困惑も。

大体、実際に英語をしゃべるときは、
現在、過去、未来、現在進行、現在完了
くらいしか、使わないと思うんだよね。
ま、もう一声で、過去完了は使うかな。

それなのに、勉強はしとかなきゃならないと言う…。
(ま、表現として存在しちゃうから、知っとかないとね。)

あ~~、もう、大姫のパニック状態ったら!!!
面白すぎるぅ~~~。
そう遠くない未来に、今の自分を笑う日が来るのかな~。
英語が出来るようになるにしろ、ならないにしろ。



Secret