2017.08.30 空色のうた
34歳おめでとうございます
タイトルは、いつものようにソロ曲から。^^

立つ場所が高くなればなるほど、影も大きくなる
と、警告していたのはとあるマンガ。
うん… たぶんそうなんでしょう。
私は影に覆われる部分を気にしなければならないほど
高い場所に生息しているわけじゃないから
実感は伴わないですけどね。

でも、夏の日差しの強さを思えば、
光が強ければ強いほど、影も濃くなる
と言うのは、身をもって知っていることだったりします。
つまり…
脚光を浴びると言うことはそういうことなんでしょう。

まったくの無関心でもマズいでしょうが、
ご世間さまの目、
いちいち気にしてたら、身が持たないでしょうねぇ…。
気の毒だよなぁ。
まぁ、差し当たって、くだらない ”○○ランキング” の結果は
まったく無視して良さそうな気がします。
本当のことなんて、誰も知らないんだし。
どんなランキングであれ、アンケートに答えているほうも
軽ぅ~いノリで、無責任~~なノリだと思いますもん。

他にも要らぬ波風を立たせるかのような噂。
それもやっぱり無責任な発言の域を出ません。
でも、耳に注がれ続ける毒は、
心を少しずつその毒で染め上げていくもので。
よっぽどゆるぎない自信と他者への信頼がなければ、
毒で捻じ曲げられた真実に心が負けてしまいがちです。

単なる杞憂かもしれないけれど。
気掛かりです。

出来ることなら
本当に空色の歌を高らかに謳う青い鳥を贈って差し上げたい。
でも、それは…
どう考えてもムリだーーーっ
残念です。

だから、100億光年離れた場所から、そっと祈っています。
L'Oiseau bleu が歌い続けてくれること。

Happy birthday to you!
しあわせに笑える1年でありますように。


ものを作ると言うことは、
つまりは、何か感じて欲しいと思ってのこと。

ってのは、何でも共通だろうけども。

あまりにもそれを前面に押し出してくるとねぇ。

どんな動機であれ、どんな結果であれ
第三者的にどんな狙いがあるのであれ
一所懸命、一心不乱に何かに取り組む姿というのは
美しく、心打つ。

だから、それを利用するってとってもイヤらしいよね。

昭和は遠くなったのです。
社会科の教科書で ”昭和時代” と記載されるほどに。



2017.08.28 恐怖…
我が家の風呂場には洗い場に鏡があります。
なんであるのか、
ま~~ったくその存在意義を感じませんが
あってしまうのです。

あると、不思議と目が行ってしまうもので。

ある夜、ふと見てしまった鏡に動く影…

振り返りますよね!?
え? しょうがないじゃないですか!
動くものに目が行くのは、たぶん本能ですって!!

で~~~~た~~~~~!!!
Gっ!!!!

もう、殺虫剤とか探してる余裕なんてないので、
すぐそばにあったカビ取り剤!!!

ギャーーーーー
エグイ (T_T)

暑さ真っ盛りのときよりも
ほんの少しだけ涼しくなってきた頃のほうが
ヤツラも行動がしやすいのかなぁ。
毎晩のように風呂場に出ます。

勘弁して…
お風呂は大好きなんだけど、
Gに対する嫌悪感で、
お風呂入るのが憂鬱になる。

だから、食べ物の出しっぱなしやめてくれよーーーーっ
だから、網戸閉めてくれよーーーーーっ

あうーーーーーーーっ




来年映画公開予定の原作で、東野圭吾さんの作品です。

東野さんの作品は、映像化されることが多いですね…。
話の展開が意外性があったりして、映像化に向くのかな。

とても読みやすい文章の綴り方
話の設定も面白いし、
展開の仕方も飽きさせないので、
ページをどんどん捲らせる力に富んでます。

が…
あまり私との相性は良くないんですよねぇ…。
や、面白いんですよ?
楽しめるんだけど、読み終わると
なぁ~~~んか、どぉ~~~っかスッキリしない感が
残ってしまうんですよね。
ん~~、どうしてだろか。
相性・・・ かなぁ、やっぱり。

ストーリーはSF仕掛けのミステリーなので
あまり書くとネタバレになっちゃうかな?
なので、一応、畳んでおきます。
なるべくネタバレしないようにしますが、
気にする方はこの先、おいでになりませんように。^^


2017.08.21 盆明けた
ようやく夫のお盆休みが明けました。
長かった・・・
そ、そんなこと言っちゃいけなんだけども。

好きな時間に起きて、好きな時間のお風呂に入り、
気が向いたらウォーキングに行って
好きな時間に食事をし、好きな時間に寝る。

万年床にならざるを得ない。
掃除できない。

そして、もう、家じゅうがごみ屋敷みたいな状態になり、
そんな散らかった中での探し物は、ほぼ丸投げ…
その上、すぐに探し物が出てこないと機嫌を悪くする。

ウォーキングするのは感心だとは思うけど、
雨で行かれないのが明らかなの日にも5時代から起きてガタガタガタガタ…
や~~~
寝てられないです。
ガタガタする音が、大きすぎて。
で、起きて、食事の支度をするわけなんですが、
食べ終わったら
「眠くなったから、寝る~~~♪」
って・・・ ^^;
それだったら、もう少し長く寝ててくれれば、
私、そんな早朝から起きなくても済むのに。
私は、食事の支度しちゃえば、目が覚めちゃうわけで
もう、洗濯とか、荒れ放題の食卓を片付けたりしてると
そのあとは眠れない。

荒れ放題の食卓…
ホントに凄いんだもの…
ゴミも、薬も、大事な書類も、耳掻きも爪切りも
鍵だのペンだのも
み~~~~んなごちゃまぜになって置いてある。
一個一個選り分けて、あるべき所定の場所に戻し
ゴミ類は捨てる。
これだけでも、ビックリするほど時間がかかります。

これ・・・・・・
疲れないわけないと思うんですよねぇ。

疲れた…

仕事も立ちっぱなしの仕事だし、疲れるんだけど
この振り回され感がない分
精神的には、仕事のほうが楽です。

ま、パート仕事は、責任がないからって言えば
言えますが。

今日は久しぶりに布団を片付け、
部屋を片付け
ゴミを出し、
掃除機をかけ、
スッキリしました。

あ~~~、やっと明けてくれたか、ホントに。
疲れたよ。



とある心理テストをしたら
ピュア度90%でした。

純粋と言えば、聞こえはいいですが
要は、頭ん中おめでたい花畑人間ってことらしく、
周りの人間は、迷惑を被るレベルらしいです。

こ、困ったちゃんじゃん…(涙)

さて、そんな花畑人間の私ですが、
だからと言って、全く現実世界のことに興味がないわけでは
ありません。

昨日は、終戦記念日でした。
人によっては、自虐的に敗戦記念日と言う人もありますが。^^;
そんな日に何とも不穏な予告がありましたね。
蓋を開けてみれば、やっぱ、や~めたっ♪ で
ひとまずはほっとしたりしています。
もっとも、予告通り実行していたら
自滅の道まっしぐらだったんじゃないかと思われ、
それを想定できないほどには狂ってはいないんじゃないか?
だとするならば、やはり、脅しだけで実行はないんじゃないか?
とは思っていましたが。

人は信頼の置けない相手と相対するときは、
警戒するものです。
例えば、事前の約束で武器の携帯を禁止していたとしても、
もしかして、相手は何かしら隠し持ってきているかもしれない。
約束がどうであれ、その通りに丸腰で来るなんてバカじゃねーの?(嘲笑)
なんてケースも想定されないではない。
そうすると、自分もなんか対抗できそうなものを身につけたくなる…。

疑心暗鬼で妄想暴走。
最悪です。
でも、過去を振り返ってみると、案外そんな原始的な恐怖が
災いを呼んでいる気がします。
その辺の進歩? 進化? はどうやらめちゃ遅いようですね。

さて、今日のタイトルですが
『みどりのゆび』と言う童話の中に出てくる男の子の名前を
拝借しました。
彼のような力があったらなぁと
頭ん中花畑の史は夢想したりします。

昨日は終戦記念日であるとともに
旧暦のお盆の送り火の日。
戦死者も含めて、様子見に来ていた人達が再び眠りに帰る日。
ゆっくり、安心して眠って貰いたいですよね。
銃弾を花に! 砲弾を花に!
触れるだけで変えられることが出来るなら、
その花をこそ数あるお墓に手向けたいものです。



以前ここで書きました楽曲『奇跡の人』。
どうやら、ご批判の向きも多いようで。

あ~~、やっぱりね!
本家本元、『関白宣言』が発表になったときも
そりゃ~も~ バッシングされてましたもんねぇ。

男尊女卑かぁ~~~。
前のときも今も、同じような批判が出るんですね。
いや、より女性が社会進出を果たしている(と思われる)
現在のほうが、より、そう捉えられるでしょうか。

男女平等。
男性と女性、存在価値は同等である、と
私は捉えているのだけれど、
それはつまり
必ずしも
男性と女性が同じことをする
と言うことと、イコールではないと考えています。

え~~~っと、
ま、そうですね。
お師匠さんの考え方に大きく影響されているってことは否めません(笑)

でもね?
やっぱり、役割分担ってものはあるように思います。
それは男女の仲に限らず。
自分の得意分野で、他の人のフォローをし、
自分の不得意分野では、助けてもらう。
ことはシンプルです。
それでよくないですか?
それを、どっちがどう優れているか、なんて考えるから
おかしなことになるんですよね?
違うかなぁ。

誰もが同じことを同じ分だけっていうのが平等だと
考える向きもありましょうが、
そうじゃないんじゃないか?と言う考え方も
存在するんです。

思想は自由です。
従って、価値観に関しても自由です。
なのに、往々にして、自分と違うものを受け入れない傾向が
人間にはあるように思えます。
争いは、
自分とは違う価値観を否定したり、侮ったりすることから
始まるのは
歴史を鑑みれば分かること。

今日、折しも8月6日。
広島に原爆が落とされた日です。
平等と、戦争と、平和について
思いを馳せてみるのも悪くない、ですよね。


2017.08.05 一流の凄味
一流の人って、どうしてこうも謙虚なんだろうか~~
上しか見ないから、「まだまだだ。」って
謙虚でい続けられるのかな…

とあるドッキリ番組。
コロッケさんが5000円で目の前で一曲歌ってくれると
それも、リクエスト通りに、と
そういうカラオケルームの特別サービスがあったら
人は利用するか、否かって企画があって。

大きなホールを満員御礼にするような人ですよ。
それを、自分のためだけに歌ってもらう。
たった一曲だけど。
その一曲に5000円。
高いと見るか、安いと見るかは、そりゃ、個人の見解ですが。

当のコロッケさんは、5000円は安い金額じゃない、と
もし、このサービスを利用したいとおっしゃるお客さんがいるから
全力でやらせてもらう、と言いきられた。

サービスを利用し、かつ、放送に乗ったのは、2組で、
1組目は2人のOLさんかな?
ものすんごい盛り上がりでした。
2組目は大学生の男の子2人と女の子2人。
最初渋ってたのに、いざ来てもらうと
ありえないほどの無茶ぶりで
見ているこっちがドン引く様な扱いで。
なんか、ちょっとや~な気分になっちゃったんですが、
宣言通り、コロッケさんは全力のパフォーマンス。

あまりに完璧に全力でらしたので、
もう、もう、本当にカッコよかった。

一流って、一流って、心底凄い。
一流の凄味、実感でした…。



今は神奈川に暮らしてますが、
元々は、埼玉の女です。

夫曰く、埼玉の女はダメ。合わない。
だそうで、
じゃ、何だ私と結婚したんだよ!?って思いますが
ま、”モノのはずみ”かなんかだったんでしょう。

先日、美容院へ行きまして
ひょんなことから、埼玉出身だって話をしたんです。
そしたらね?
「あ~、埼玉。なんにもないとこですもんねぇ。
 夏休みって言ったら、埼玉からは出ますよね。」
みたいなね、返答があったんです。

ひぇ~~~~~~っ!! 失言っ!!!

カットしてる間の、たわいもないおしゃべりですが、
おいおい、接客業としてはダメなんじゃね???

心の中でバカにしているのだとしても、
それを口に出しちゃ~いけません。
どうでもいい時間の、どうでもいい話だと思ってるから
聞き流しますけど~
時と場合によっては、大変なことになりますよ、マジで。


でもね?
確かに何にもないとこかもしれないけど
住めば都なのよ。
ふるさとは、ふるさと。
おうちがいいの。

ドロシーも言ってたじゃん?
ねぇ?


2017.08.04 蝉時雨
涼しい日が何日か続いていますが、
蝉の声は相変わらずです。
街路樹からも降って来るかのようです。
まさに時雨
蝉時雨です。

短い命を謳う、彼らの命懸けの歌ですが…

木の下を通りながら
死ね死ね死ね死ね死ね・・・・・・・・・・・ と
そう聞こえてしまった自分。
呪詛を頭から浴びてしまったような気分…

どうしてこんなことに!?


や、や、や、病んでる・・・・・・ (--;)