千年とか、二千年とか生きたとしたら
知識も経験も増えるのかなぁ。
知らないことがなくなるくらい博学になれる?
白澤みたいに(笑)

そういうの、憧れますが、
知らないことがたくさんあるっていうのもまた、よろし。^^

読書家の北村浩子さんをして、読んでいる本はほんの少し
と言わしめるほど、毎日たくさんの本が出版されています。
私に至っては、ほんの少しどころか、ほぼ、読んでないレベルですよ。
でも、だからこそ、
北村さんの本の紹介やら、新聞の書評欄やら、広告欄やら
未だ出会っていない作品にワクワクします。

同じように
毎日毎日、新しく音楽が生まれているようです。
レコード会社は言うに及ばず、今は動画サイトからスターが生まれたり
しますもんね。
こちらは、書籍より更に不案内で
もう、手のつけようがなかったりしますが。^^;

そこで、『関ジャム』。
さださんが、何度か出演なさったから褒めるわけじゃないですよ?
この番組、非常に興味深い♪
音楽のこと、色~~~~~んな角度からアプローチがあって
門外漢でも、丁寧に説明してくれるので、相当楽しめます。

例えば、大阪弁の歌の魅力について特集した回では
『関白宣言』の歌詩を、大阪弁にアレンジして歌ったりとか。
(因みに歌われたのは、トータス松本さんでした)
最新の回では、音楽プロデューサーが選ぶ今年上半期の5曲なんて
やってました。
メジャーな歌い手さんもあれば、インディーズ・バンドもあり。
果ては、日本国内の歌手にとどまらず、でしたからねぇ。

で、流石、一流のプロデューサーさんの選択。
どの曲も、フルで聞いてみたいなぁと思わされるものばかりで。
しかも、ほぼほぼ知らない曲ばかりで…。

新しく何かに出会うって、ワクワクしますねぇ。
それが、美しいものだったら、心、ふるふるします。