2017.06.04 Making
昨日の続き…??

通常版のほうを入手したので、
アリーナ・ツアーの映像は観ることが叶いませんが、
その代わり
ツアーのメイキング、つまりは舞台裏の様子は
垣間見ることができました。

白鳥のたとえを引くまでもなく、
大っ変だ、ホントに。
今回は、細かくつくり込んだツアーじゃないと演出担当が
発言してらしたけど、
いやぁ… それでも、舞台装置から、視覚的エフェクトから
衣装や曲目の微調整に至るまで、物凄い労力。

そしてそれに平行して、パフォーマンスのレッスンに次ぐレッスン。
勿論、多忙な彼らだから、余裕を持ってゆっくり覚える時間など無く。
今までの経験と感覚を総動員しての習得。

本番でもそりゃ、汗はかくけれども
準備段階での泥臭い汗、と言うか、練習&練習&練習の努力。
ホントに頭が下がります。

待っている人がいる… と思うと、出来るもんなんでしょう… か?
そういう経験がないから、想像も及ばないけれど。

そして、やっぱり裏方のスタッフさん方ですよね。
無理難題も、
たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくさん
あると思うんです。
それこそ、スポット・ライトが当たる場所じゃないから
待っている人がいるから頑張る!的なモチベーションで
メンタル維持出来るわけじゃないですしね。
その辺、もう、プライドかなぁ。
プライドに掛けて、妥協を許さない仕事をするのか?
尊敬します。ホントに。

華やかな本番の衣装や笑顔より
Tシャツやスウェットで、マスクしてたりタオル巻いてたりの姿が好き。
ニコリともせず、真剣に物事に取り組んでいる姿のほうが好き。
ブレイクタイムに見せる、ふぅと一息ついてる笑顔のほうが好き。
上手くいかない自分に地団太踏んで悔しがる姿のほうが好き。

後ろから支えてくれるスタッフさんがたとともに
表舞台じゃない場所に魅力を感じて心引かれます。


がんばりましたね。
お疲れさま、お茶でもどうぞ。
あ、ケーキでも焼いてきましょうか? (笑)