2017.05.24 美談
恐らく、別のベクトルではあるんだけど
スキャンダルと同じくらい注目を浴びる
”美談”。
見たり聞いたりすれば、心温まると言うことで
ある種、心のサプリメントみたいな部分があるんでしょう。

うん。悪くない。
根が単純なんで、す~ぐ感情操作されちゃうタイプです。^^;;;

んでも。
たまには素直に流されないこともあって。



シングルファーザーが娘のために
毎日お弁当を3年間作ったと。
最後のお弁当には最初に作ったお弁当の写真と
メッセージが添えられていて、
作って貰っていた娘さんがそういうことを全部ひっくるめて
パパのお弁当は世界一だとツイートしたそうで。

愛情と感謝
というパッケージは、確かに素敵。
ステレオタイプだと言われても、素敵だと思う。

だけど、このケースだけとってみると
パパ、勿論のこと、朝から晩までお仕事があったはずです。
それだけでも、大変です。
だとするならば。
お弁当を作るのは、パパが娘に、じゃなく
娘がパパに、じゃなかったのかなぁ…。

シングルファーザーやシングルマザー。
そうなった理由は様々だとして
でも、大変さで言ったら、両方相当しんどいと思われます。
親が子供にお弁当を作るのが当たり前みたいな風潮はありますが、
逆があってもいいんじゃないか????

それとも、そっちのほうが寧ろスタンダードで
美談として取り上げることができないってことなのか???

うーーーーーーーーん
なんとなく、疑問符が浮かんでしまう。
母親が入院することがちょいちょいあったときに
父親の分までお弁当を作っていたかつての少女で~したっ。