ディズニーのアニメ映画ですね。
観てきました。

とってもオーソドックスな冒険譚って展開でした。
故に、安心して見ていられる♪
絵もきれいでした…
南の島の濃密な空気の香りが嗅げそうなほど!
海の表現が話題でしたが、こちらも期待を裏切らない!
そして、人外の者の描写がまた…
その ”美” だけでも、心奪われて泣きそうになります(は、何故!?)

西洋人からポリネシア文化って、こう見えるんだろうな~と
頭のどこかでぼんやりそんなことを考えていました。
あの~、ちょっと、神秘的と言うか、スピリチュアルな感じと言うか、ね。
確かに、そういう部分はあるでしょうけれど、
当の本人たちは、そのことを殊更超自然的なものだとか
自分たちと掛け離れたものとしては考えてないような気がします。
なんと言うか、もっと身近と言うか。

ま、他文化を蔑んだ見方するより、
ず~~~~っと健全で好もしいですけどね♪

海に選ばれた少女、と言うと
『クジラ島の少女』 をイメージしました。
同じように伝説の勇者とか、そういう単語は出てきますが
こちらはよりファンタジー要素は少なめで、シリアス路線。
イメージ的にこうも違うのかと思うほど違いますね…

それと、女神の存在が良かったな~
光は影、影はすなわち光。
それを見抜くのは、天性のものってことになるんでしょうね。
こう言う設定は好きです。
『はるかなる光の国へ』の石の魔女と大地の女神のよう
『妖女サイベルの呼び声』のブラモアとライラレンのよう

つまりはストーリーも小道具も王道ってことになるんでしょうかね。
でも、王道、悪くありません。
結構な気に入り具合です♪