サブタイトルが
『から紅の恋歌』
ってなってますね。
今回のテーマは、百人一首。
『ちはやふる』 の影響があるのかも??

ま、いいや。

今回の舞台は京都・大阪。
よって、西の高校生探偵・服部平次クンも加わってのストーリーで
面白さ、割り増しでした。
蘭チャンと新一クンのラブストーリー絡みもいいですけど、
和葉チャンと平次クンのほうもいいんですよね~♪

なんだろ?
もしかしたら、西訛りが好きなのかも、私。 σ(^^;)

今回は競技カルタが重要なアイテムでした。
競技と付いてるからには、そこには勝負が存在するわけで
そのへんもハラハラがあります。
それに、競技に使われるカルタは
当然のことながら、小倉百人一首ですよ♪
これ自体、謎を孕んでいる歌集ですからね♪
古典、嫌いじゃない私としては、そこもポイント高いです。

ちょび~~~っと、これはこじつけじゃろ~と
思う個所はありましが、でも、面白かったな~

それから、アクションを映画仕様にしてありました。
スペクタクル!!
映画館の大きなスクリーンでこそ生きる大仕掛け。
やっぱり、映画は映画館で、って感じます。



2017.04.26 緊急取調室
シーズン2が始まりました。
シーズン1が面白かったので、
毎週チェックの予定です♪

第1回目のゲストは
三田佳子さん。
とある殺人事件の容疑者として警察で取り調べを受ける役。

これが。
もう、ため息が出そうなほど鮮やか。

役柄としては、77歳の女性なんですが、
この回の大半を占める時間、身につけている服は、
”おばあちゃん”が身につけるイメージの服。
この服のときは、ちょい弱々しい老女の雰囲気を醸し出すのに
ドラマの終盤近くにちょっとおしゃれなブラウスとスカートで出てきた時は、
別人みたいにしゃんとしてます。
控え目ではあるけれど、芯の強い、頭のいい人って印象に
ガラッと変わるんですね。

お見事。
もう、惚れてまう~。

このドラマの主役は、天海祐希さん♪
天海さんも好き~♪
上司役に田中 哲司さん、同僚役に大杉 漣さん、小日向 文世さん、でんでんさん。
信頼の役者さんばっかりだ~♪♪
見ごたえ、ないわけがない!

ドラマらしいドラマ、堪能させていただきました。
まずは、ごちそうさまでした。



2017.04.26 LA LA LAND
『LA LA LAND』、観てきました。

ザ・ミュージカル! ザ・ハリウッド!
っていう印象です。

歌もダンスもピアノも
ホロ苦のサクセス・ストーリーも
申し分ありません。
さすが、話題の一本です。

が。

心が開いてなかったのか… な…
ときめくことは出来ませんでした。
ちょびっとだけ早い五月病かな!?


落ち込むなんて、おこがましい。
落ち込むヤツって、己を過信してるヤツだ。

某番組でさんまさんが仰った言葉。
なるほど。
この一言にギクッとする人は少なくないんじゃないでしょうかね?

♪ 涙流すのは 信じてるから 心のノートに書いた言葉  ♪
これは、北京オリンピック時、某テレビ局のテーマソングに起用された曲の
ワン・フレーズ。
うんうん。

この2つの言葉、方向性は真逆だけど、
同じことを言っているように思います。

努力したから、負けたくない。負けるはずがない。
そういう自負の心と
精一杯目一杯やった実力がこれならば、
そこに”落ち込み”が紛れ込む余地はないという
自分を俯瞰する視点。

どちらの考え方を自分の糧にするのかは
人それぞれでしょう。
だから、どちらが間違っていて、どちらが正解と言うことでもなく、
両方とも、考え方として凄いなぁと思わざるを得ません。

いつだったかなぁ。
どこかの番組であるアスリートを特集していたときに
そのお父さんにもインタビューをしていて、
「負けたときに、悔しいと思ってくれたのが嬉しかった。」
と、仰っていたんですよ。

うん… まぁ… そう… かぁ…

一流のスポーツ選手の親御さんなら、そう考えるのでしょうね。
でも、私には少し違和感がありました。
極論だと言うことを重々承知で言っちゃいますが、

「勝負に勝ったからって、何?」

あ~、これ言っちゃうと、すべての勝負事の否定になっちゃうから
この世の禁句って感じですよねぇ。
だけど、たまに、ふと思っちゃうんですよね。
試合に勝ったからって、そんなに偉いの? 凄いの? って。

負けて悔し泣きをする。
あるある。
でも、”されど” ではあるけれど、 ”たかが” でもあるんだよね。

どちらの考え方がお好き?
どちらを自分の指針にしたいですか?


2017.04.22 ヨガ~~
市が主催してくれるヨガ教室へ行って来ました。
流石、市が開いてくれるだけあって、と~ってもリーズナブル。
夏までの12回開催なんですが、12回行っても5000円台の参加費。
おぉ~~、ありがたい。 ^^

ダイエット効果があるかどうかは
この際、うっちゃっといて。
とにかく、肩こりをなんとかしたい。
頭痛に発展するわ、吐き気に発展するわで辛いんだもの…。

で。 です。

実際やってみてぇ、 ですね?
それぞれのポーズは… まぁ、そう、なんとかなります、が。
呼吸が… ^^;;;;;;;;;
本来、ヨガは呼吸が大事と聞き及んでいますが、
その呼吸が~ ですね~ 上手く出来ませんで。
先生が、タイミングを教えてくださるんですが、
そのタイミングと、まぁ~~~ 合わないこと合わないこと。

うぅ、ダメぢゃん。
次回行ったときには、もうちょっと出来るようになるかなぁ…。

それとやっぱり、今朝は身体がぎしぎししてます。
久々に動かしたからなぁ、身体。
もしかしたら、このぎしぎし、明日のほうが酷かったりして!?
そうだったら どーしよー 明日は仕事あるのに困る~~~~
って、この曜日開催の教室をわざわざ選んだのは私なんだけど。

はぅ~ とにかく、とにかく
打倒!! 頭痛・肩こり!!
で、夏までやってみます。



2017.04.21 はぴぃ?
胸の中が、いくつもの物語で一杯
あぁ~ しあわせ。

私はきっと、現実の中には生きていけないんだな。
作り物の中にこそ自分が生息してる気がしちゃう。

ホント、存在することに向かないわぁー(笑)

2017.04.21 好きっ♪
Little Glee Monster の歌、好きです♪
聞きごたえがあって。 ^^

歌が好きなんだろうな~って
最初、彼女たちをTVで見たときに思ったけど
それが本当で、そしてそれがずっとずっとそのままだといいなぁ…

って、すでにメンバーの一人が無期限で活動休止を宣言してますが。

ストレートに音だけ引っ張ってきても観賞に耐える彼女たちの歌。
好き。


2017.04.19 そこにいるよ
本日、リリース日。

この頃のJ-POPがどういう傾向かは知らないんだけど…
彼らにだけ限って言うと、
レトリックな雰囲気を漂わす曲が増えたかなぁという印象です。
この曲も、イントロが少しくぐもった感じのピアノ音で
MVの影響もあるのか、アンティークじみていると言うか。
こう言う音は、大人っぽい雰囲気になるか… な?

ドラマの主題歌と言うことで
ある程度、ドラマの内容及び、雰囲気を漂わせる作りに
なっているはず。
筈、と言うのは、なんか… ドラマが捉えどころがなかったから。
原作ありきのドラマだけれど、
その原作のレビューがあまりに芳しくなくてとても読む気になれなくて。
でも、原作者ファンの方々には、世界観そのもの♪
ってことだから、捉えどころがなくて、正解なんでしょう。たぶん。 ^^;

ま、”Detective Story” と言う大前提だけは
間違いなく踏まえた曲ではあります。

MV、全体的にはお屋敷のセットを生かした動きの少ない作りでありながら、
ちょいちょい入る、茶目っけのあるカット。 
な、何故に こんな風なアンバランスな作りに???
ファンサ… か???

しっかし。
二の線で決めたカットのほうが、まだ演るには容易いかも。
茶目っけのあるほうは、もう… 丸投げまでいかないまでも
ほぼほぼアドリブ。 キツッ!
大喜利ですか?ってツッコミ入れそうなほど大変。
この仕事、説明されたこととをすぐイメージして
それを即、身体を使って表現できる瞬発力が必要なのね。
それと、出来ればプラスアルファ的に発想を展開させていく能力も。

う~~~わ~~~

そんな能力を要求されるプレッシャーの中でも
ギスギスした雰囲気にならないのは、
やっぱり5人でいるってことが大きいのかも。
ソロでやってたら、もうちょっとピリピリしちゃいそうだものね。

なにはともあれ。
おしゃれなダンスナンバーでした。
おつかれさま。 ^^


PS あ、そうだ。後一個。
   振り付け、何故にフレミング??????
   めっちゃふしぎ。 (?_?)
ディズニーのアニメ映画ですね。
観てきました。

とってもオーソドックスな冒険譚って展開でした。
故に、安心して見ていられる♪
絵もきれいでした…
南の島の濃密な空気の香りが嗅げそうなほど!
海の表現が話題でしたが、こちらも期待を裏切らない!
そして、人外の者の描写がまた…
その ”美” だけでも、心奪われて泣きそうになります(は、何故!?)

西洋人からポリネシア文化って、こう見えるんだろうな~と
頭のどこかでぼんやりそんなことを考えていました。
あの~、ちょっと、神秘的と言うか、スピリチュアルな感じと言うか、ね。
確かに、そういう部分はあるでしょうけれど、
当の本人たちは、そのことを殊更超自然的なものだとか
自分たちと掛け離れたものとしては考えてないような気がします。
なんと言うか、もっと身近と言うか。

ま、他文化を蔑んだ見方するより、
ず~~~~っと健全で好もしいですけどね♪

海に選ばれた少女、と言うと
『クジラ島の少女』 をイメージしました。
同じように伝説の勇者とか、そういう単語は出てきますが
こちらはよりファンタジー要素は少なめで、シリアス路線。
イメージ的にこうも違うのかと思うほど違いますね…

それと、女神の存在が良かったな~
光は影、影はすなわち光。
それを見抜くのは、天性のものってことになるんでしょうね。
こう言う設定は好きです。
『はるかなる光の国へ』の石の魔女と大地の女神のよう
『妖女サイベルの呼び声』のブラモアとライラレンのよう

つまりはストーリーも小道具も王道ってことになるんでしょうかね。
でも、王道、悪くありません。
結構な気に入り具合です♪



特に人を呼ぶ工夫はしてません
招かれざるお客人は怖いから。
でも、丸っきり誰もやって来ないとなると
ちょっと寂しい……
なんて、ワガママすよねぇ、やっぱり。

文章を綴るときは、その向こうにいるであろう誰か
に向けて綴ります。
でも、この頃そんな妄想も難しくなってしまったかも。


2017.04.10 さくらが♪
街灯に浮かぶ桜が
夢のようにきれいです…

2017.04.08 お赤飯…
お赤飯… お好きですか?
私は・・・・・・・ 嫌いじゃありません。

が。
ひっでぇ~ことを言います。
人でなし! なことを言います。

楽しみも度合い重なれば楽しみならず
と言うように、
お赤飯、嫌いになりつつあります。

なにかっちゃ~ お赤飯を炊き、お福分けしてくれる義母。
や、ありがたいですよ?
ありがたいんですけど…
半月の内に、3回ともなると、ちょっと… ^^;;

しかも、ちょ~~~っと、恩着せがましい。 ^^;;;;;
お赤飯炊くの、大変だってことは分かるんです。
でも、その大変さをアピールされてもなぁ…。

特に、うちも炊き込みご飯作ってたり
リゾット作ってたり、カレー作ってたりする日にもらったりすると
もう… どないせ~っちゅ~ねんっ!
です。

まぁ、夫はそこそこお赤飯は好きですけど、
夜はお米の類は食べないから…。
朝は、6時ちょい過ぎには出勤しちゃうので
それまでに炊きあがってるってのは… そりゃ、ないし。

大姫も、小姫も、あんまり好きじゃない。

ど~~~せ~~~と????

ありがとうございます。と、笑顔で受け取りますけど、
その笑顔もひきつってるんだろうなぁ。
でも、気が付いているのかいないのか分からないけど、
「美味しいから、食べて♪」
って…
「もうね、歳だから、お赤飯ふかすのも大変なんだけどね?
だけど、ほら、お祝いでしょう? うんたらかんたら・・・・・・・・・・・(続く&続く)」
「あぁ、はい。 あぁ、ねぇ~? はい。 はい。 ありがとうございます。
ごちそうさまです。 頂きます。」
エ、エ、エ、エンドレス…

因みに。
お赤飯くらい、私だってできるんだよぉ~~ん。
電子レンジを利用するやり方なので、
めっちゃ短時間で。

夫は、私がそうやって義母に教わらずにお赤飯を作ることに
いい顔はしないですけどね。
だって~~~~!
ご近所に配りまくるほどの量、私が作ってどうなるのよ?
特別なものは、どっちゃりないほうがいいの♪
ちょっと足りないなって思うほどの量が、料理は適量です。





2017.04.07 読書考
新聞の投稿欄をチラリと見ると、

子どもの読書時間が減ったと言われるけど、
それがなに!?
読書読書って、押し付けないで!
そんなの、運動嫌いな子にスポーツやれと押し付けるのと一緒。
無意味でナンセンス。

的なご意見がありました。
(他にも、どうして読書なしで困らないのかってこともあったかな)

うん。成程!
運動嫌いな子に運動しろと言うのと一緒、か!!
言い得て妙です。

確かにね!
嫌いなことを無理やりやっても身にはなりませんわな。
本読むのが嫌いなら、読まなくても一向構わないですよ。
うん♪

さて、そこでちょっと考えちゃったのが
読書するその理由について。

確かに、知識や情報を得るって側面もあるでしょうが、
読書の一番の理由って、
単に面白いから、ですよねぇ…。
誰かの人生覗き見、みたいな感覚もあるし、
ドキドキしたいとか、ハラハラしたいとか
きゅうんって、ときめきたいとか
そんな動機。
落ち込んだ時に、よしよししてくれることもあれば
何言っとんじゃい!って背中どやしつけてくれることもあるし、
自分じゃ絶対経験しない経験を
追体験的に体験したり。

えっと、えっと。
まるっとちょっと乱暴にひっくるめて言うと
楽しみたいから
この一言に尽きると思うんです。

確かに、本を読まないよりは読んだほうが語彙は増えるでしょう。
でも、例えば、語彙や表現方法が増えたとしても
受け取り側がそれを理解しなかったら、それは無意味なわけで、
日本語力アップは、まぁ… 意味がないっちゃ~ 意味はありません。

言葉は時間とともに変化するものですし、
文章の組み立て方自体も、
時間と、それから言葉を伝えるツールの変化に伴い
かなり変化してるように思いますし。

ただ…。
ただ一点だけ、利を上げるとすると。
想像力や多角的な視野は、やっぱり手に入る気がします。
だってそれ、読書のときには使わざるを得ないから。

人の心は分からない。
何を考えてるのか分からない。
ま、そうですよ。考えや思いって言うのは本人だけのものですから。
だけど、自分の中にある価値観やらそいう物差しで持って、
慮ることはできます。
つまり、想像することは。
で、その物差しをいつでも取り出せるようにしておけるのが
読書なんじゃないかな~と思ったりします。


それだけのことだよなぁ。
読むにしても、読まないにしても、
目くじら立てたり、喧嘩腰になる必要は、ない♪
だって、娯楽だもん♪



2017.04.05 網戸考
だんだん温かくなってきましたね。

そうすると、窓を開け放すことが多くなると思うんですが、
さて、ここで質問。
窓、開けるときには、全開ですか?
それとも、網戸を使用してますか?

私は、大抵窓を開け放っても、網戸は閉めておきます。
気温が上がれば上がるほど、そのぉ… 虫、その他の小動物も
お元気になりますから~
え~、そやつらに、お家に入ってきて欲しくないんですよ。
なので、風は入るけど、そやつらは入れない網戸をどうしても使います。

確かに。
網戸もすぐ汚れるので、衛生的にどうか!? とか
一応風は通すけど、それでも網で風が弱まる! とか
そういうことはありますけど、
そこはそれ。 妥協点、と言うか… ねぇ?

ところが。
同居の義父母は網戸が嫌い。
たぶん、上のような理由だと思われるんですが、
網戸、閉めません。
または、ちょ~~~っと閉まってても
隙間だらけで、虫も蜥蜴も入ってこられるほど空いてるか。

こ~~~~ま~~~~~る~~~~~~
これ、困るんですよ~~。
だって、1階と2階に住み分けているとは言え、空間繋がってますから。
も~~~~、クモもゴキブリも入り放題で…。

特に、色んな食べ物が出しっぱなしの台所わきの扉!
それから、脱衣所!
もう、ゴッキーたちには、天国かと思われます。

台所横の扉(所謂、勝手口ってやつか?)は、
まぁ、網戸がついてないから仕方ないとして。
(本音では、仕方ないじゃ済まないと思っているけど)
お風呂や、脱衣所、網戸がついているのに
わざわざそれをどかす形で窓を開ける。
昼も、夜も。

うわぁ~~~~~~ん・・・
勘弁してくれ・・・・

夫に言っても、「だって、網戸閉めたら風入らない」って
全く取り合ってくれないし、
そ~~~~っと、網戸を閉めとくんだけど、
いつの間にかまた、無効にされてるし。




網戸、使ってくれっ!!!



2017.04.04 哀しいかなぁ
好きだなと思う人が
幸せそうにしてると
それだけで、嬉しくなっちゃうんだよ。
例えば、その嬉しいことが私とはまったく無関係であっても。

笑って欲しい。
嬉しいと思っていて欲しい。
楽しいと思っていて欲しい。

そんな風な想い方って、切ないものなのかな。
哀しい想い方なのかな。


2017.04.03 新年度~~~
4月1日、エイプリルフールだっつ~のに
そんな日に、小姫は大学生になりました。
同じく、大姫の保育園も入園式で
大姫は3歳児クラスの担任になりました。

温かい日が続いていたのに
冗談のように雨が降って、冗談のような寒い日でした。

さっすが、エイプリルフール。^^;;;


新しく始まっていくんだなぁ、二人とも。
応援してるけど、その応援もウザい年頃だからね、二人とも。
出過ぎたことにならないように
出来るだけ、気をつけようと思ってます。

役目、どんどん終わっていくなぁ。
始まりの始まりと
終わりの始まり
上り坂と下り坂
だな。