これもまた "books A to Z" で紹介されていた1冊で
松田青子さんの短編集です。
231ページで17編が収められているので、1話1話はかなり短めです。
なので、隙間時間にもラクラク読めます。
が!
1話1話別の話ではあるんですが、ゆる~~~く繋がっていたりするので、
出来ればあまり細切れじゃなく、まとまった時間に読むことをお薦めしたい♪

ん~~?
サブタイトルって訳じゃないのかもしれないですが
帯に隠れた場所と、作者紹介のページに
『おばちゃんたちのいるところ』のほかに
『The Wild Ladies Are』と付いています。
ぷぷぷぷぷ!
ピッタリ!!! あまりにもピッタリなサブ・タイトル(?)!!
人間(?)って逞しいよね! ってか、逞しく生きなきゃ(?)だめね!
まさに、そう言うある意味とってもポジティブな物語たちが収録されています。

加えて!
そのポジティブな物語たちには、下敷きにした物語があって
これがまた、素晴らしいラインナップで♪
歌舞伎あり、落語あり、民話あり。
すべての話のモチーフにした話のタイトルもリストアップされているので
それも嬉しいところ。(今は簡単にネットでどんな話なのか調べられるし!)
まぁ、そのままのイメージを残した話もありますが、
わざわざ元の話のイメージを逆手に取ったりしていて倍楽しめます。

1個1個紹介したいけど…
ちょっと紹介すると、ホントに短編なんで、中身全部書いちゃいそうで。^^;;
登場人物(?)の中で最もインパクトがあったのは
1話目の『みがきをかける』の主人公のおばちゃん。
キョーレツ! 
じわっと来るのが 『彼女ができること』。
ありそで、なさそ。なさそで、ありそ?

気持ちが落ちて行っている最中でなく、
凹むだけ凹んだ後
元気になりたいと思ったときにこそお薦めしたい1冊です。
なんとかなる! なるようになる! ってか、ならんもんはならんし!
って思えるかも。


映画鑑賞ポイントがたまって、1本無料観賞ができる!
とのことで、
すべりこみセーフ的なタイミングで
『相棒』を観てきました。

1つ前の作品は観てないですし、
もはや、テレビシリーズのほうも見なくなってしまっているんですが、
やっぱり… 気になるじゃん?? (笑)
評価もそんなに悪くなさそうだったし♪

で、どうだったか。
なるほど、高評価だったことはありますかね~。
重厚なストーリーでした。

元々、テレビシリーズのほうでも
単に ”罪を犯した人がいる → 推理&証拠固め → 逮捕”
みたいな流れだけじゃなかったように思います。

現在の日本の平和について、危ういものなんだと警鐘を鳴らし
警察、ひいては国が平等に国民を守るものではないということや
善とは何なのか、悪とは何なのか
その判断に情は介在すべきなのかどうか
問い続けてくるドラマ作りだったと思うんです。

ま、つねにそればっかりじゃなく、
もう少しコメディー色が濃い回もあったし、
コメディーまではいかないまでも、
軽やかタッチだった回もありましたけども。

今回は、太平洋戦争のことも絡めたストーリーでした。
現在、日本は平和な国だと言われています。
うん、確かに。
でも、今この瞬間にも、空爆を受けている人たちがいる。
テロがいつ起こってもおかしくない状態が
実は日本を含めて、世界中にある。
そういうことを踏まえての映画でした。

命って何だろう、国って何だろう
チラチラと頭をよぎります。

映画のサブタイトルが
『首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』
なるほどね…。
日本の誇り… かぁ…

相棒、正統派路線と言ったら
お前が正統派の何たるかを決めるなって叱られそうですが
そう言う物語だと思います。

ずしっときたわ。


始まりがあれば、終わりがあるのは自明のこと
動かし難い事実、ですが。

”終わり”って、寂しいです。

東日本大震災があって、テレビよりもラジオを選択した日々がありました。

それより以前、
まだ実家にいたころは、結構聞いてたんですけどね~
結婚してからは、めっきり聞かなくなってしまってました。
なぜ?って?
家の中では、ラジオの電波が拾えなかったからですぅ~~
いや~~~
古い鉄筋コンクリートの建物って、あんなにも電波遮断されるもんでしょうか?
どんなにラジオをチューニングしてみても、
ザーーーーーーーーーーーーーー
しか聞こえなくて。
それまで、超絶クリアに音声を聞いていたので、驚きまして。
驚きとともに聞くの止めちゃったんですよねぇ。

あ、そうそう。
で、ラジオをまた聞くようになったお話でしたっけ。

震災以降、独身の頃ほどじゃないにしても
ちらほら聞いてたんです。

で、ここでもよく登場する
『books A to Z』 のコーナーを擁する 『Morning Steps』も
毎朝聞くようになってました。

が。

が。

この3月いっぱいで、番組終了とのお知らせ。
ショックだーーーーーーーーー。
えっらいショック。
番組DJの栗原さんのハイ・テンションで元気をもらいつつ
朝を始めていたのになぁ。

で、番組終了と言うことは、
番組内にあったすべてのコーナーが終わってしまう、なくなってしまうと言うこと。

愕然。 です。

もう、『books ・・・』 も 『・・・ discovery』 もなくなっちゃうんだなー。


始まりがあれば、終わりがある。
終わるってことは、何も特別なことじゃない。
けど。

けど。

寂しい。
私、切り替えが遅い人だから、さ。



2017.03.15 チア☆ダン
レディース・ディと言うことで、観に行って来ました。

実話を元にして作られた物語。
日本の高校生が全米のチア・ダンス大会で1位を獲る話ですね。

『ビリギャル』は、学年最下位を争うほど成績の悪かった女の子が
塾の先生との出会いで、勉強することに目覚め(?)
見事慶応大学に合格を果たすまでのサクセス・ストーリー。

『この音とまれ!』は、高校のダメダメな箏曲部が練習を重ね、
今のところ、神奈川県大会を通過して全国大会へ駒を進めたとこまで
話が進んでいる、やっぱりサクセス・ストーリー。

共通しているのは、
高校生と言う年頃の設定と、自分自身の存在をすべて賭けて
打ち込むことがあり、それが成功を収めていくストーリーだと言うこと。

今その年代真っただ中の人たちにも響くものがあるでしょうが、
そこを通り過ぎてきてしまった人たちの胸をも熱くするストーリーですね。
王道です。
ウケないわけがない。
自分を賭けられるものに出会う、その幸運に憧れない人は
きっといないから…。

真面目な部長、部長とはまた別に部をまとめる存在、
一所懸命やっても、今一ついて行ききることのできない存在、
部の調和を乱す存在。
こういう、凸凹したメンバーが、厳しい指導やら、環境やらを
乗り越えていくってのは、
パターンだよなぁ… とは思っても、安心して見ていられます。

やっぱりさ、努力は報われるって、誰もが思いたいじゃん? ね?

ただ、先日も書いたように、努力が報われるとは限らない。
いや、寧ろ、報われることのほうが少ないとは思うんだけどね。^^;

で、やっぱりね? グッときました。
そして同時に、大姫のことを考えました。
大姫たちは、本当によく頑張ったと思います。
中三の頃、ね?
でも、失敗した。
結果は、その失敗を裏切らず、全国大会どころか
関東大会にすら出られませんでした。
その散々すぎる結果は、何が原因だったんだろうな…。
努力・頑張りが足りなかったんだ、とは考えたくないです。
当人ではない、私であっても。

大姫がこの映画をもし観たとしたら、一体何を思うんだろう…???

と、暗い話はちょっと横に置き。

先生役の天海祐希さんは、相変わらずとっても美人さん♪
『女王の教室』をふと思い出させるような役だったけど、
(蔭では悩んでたり迷ってたりそれを払しょくすべく勉強してたり)
それもまた、ピッタリくる存在感の女優さんですね。
かと言って、しっとりした女性役が嵌らないわけでなく
素敵な女優さんだなぁ~♪ 
好きっ 
って、私に好きになられても、ま~~~~~ったく嬉しくないでしょうけどね♪

王道ストーリーで、熱い青春譚を楽しみたい方は必見! (笑)


2017.03.12 言葉の魔法
久しぶりに某たこ焼き屋さんでたこ焼きを買いました。

品物を渡されるとき
「美味しく召し上がれますように!」
とメッチャ笑顔で言って渡されました。

恐らく、それってマニュアル通りなんだと思います。
だから、もしかしたら、ま~~ったく心は入ってないかもしれない。
言いながら、別のことを考えてるかもしれない。

だけどさ。

やっぱり言葉自身が持つ力ってのがあると思うんです。

そこに、例えば、心が100%こもっていなかったとしても、
口に出したからには、まったく思ってないってことは、たぶんなくて
ちょっとでも美味しければいいなと、思っているならば
言葉の魔法の力は発揮される気がします。

嬉しい言葉、優しい言葉の持つ光の力は
やっぱりいいです。

私も魔法使いになりたいよ~



2017.03.10 成功譚
どの分野でもそうだけど、
成功した人の話って言うのは、興味深い。
その成功に至るまでのきっかけから、行程から、出た結果まで
へ~~~~と思うことはたくさんある。

けどさ。

そううまくいかない人もいると思うんだよな~。
成功した人同士の会話は、プラスのエネルギーに満ちていて
すごぉ~いっては思うけど、
結果が出た人たち、つまりは、幸運もあった人たちの話で
万人がそうだと思われたら辛い。
特に、
努力が足りないからだ、的な話になっちゃったりしたら
聞いてるだけで疲れちゃう。

努力しても、結局結果につながらない人なんて
掃いて捨てるほどいる。
私は、どっちかと言うと、幸運に恵まれたほうだと思うけど。

でも… いるんだよ。 いる。
不運な人っているの。


ふははっ
実は、衝動買い的にCDも買っちまったぜっ!
あかん……(^_^;)

さて、第14巻まで読み進んでます。
うん、今のとこ最新刊です。

感想は……、号泣してて書けません……


ベタな展開なんだけど、だからこそそれに
浸っていたい、酔っていたい
涙にくれてたい



2017.03.08 まことの華姫
『しゃばけシリーズ』の作者・畠中恵さんの作品です。

姫様人形である ”お華” は、真実を語る人形!? 
江戸の人たちは、お華の言葉を聞きたくて、見世物小屋へやって来る… 

大まかな設定は、そんな感じですかね。
舞台は江戸ですし、勿論時代も江戸ですし、
登場人物を変えた ”しゃばけ” かなぁという印象です。

なので、ま、ハズレじゃないんですが…。
もうちょっと路線を変えてもよかったかなぁと思ったりもしています。

収録されているのは、
まことの華姫
十人いた
西国からの客
夢買い
昔から来た死
の5編。

『まことの華姫』では、お華がなぜ真実を語ると言われるのかも含めた
登場人物紹介
『十人いた』では、行方不明の子どもを華姫に探してもらう話
『西国からの客』は、江戸から遠く離れた西のお店の跡継ぎ問題の話
『夢買い』は、自分の娘を旗本の側室にしたい人たちのいざこざ
『昔から来た死』で、主要人物の一人である月草が自分の過去と
向かい合う話

それぞれ、ライト・ミステリー仕立てです。
これも評判が良ければ、シリーズ化… 考えられてるかもしれません。
最初の章で、人物紹介をたっぷりやっているのを見ると
そんな気配がします。

芸人・月草はさえない風貌の元人形師の男性で
4年前に負った怪我がもとで今は人形師を諦めて、人形遣い。
人形は、文楽で使うようなものだと思うんですが、
月草の芸は、もっと軽やか。
ちょうど、いっこく堂さんをイメージして頂くといいと思います。
腹話術、で、プラス動きは文楽っぽい感じ。(たぶん)
操る側は男性で、操られる人形は少女。
当時、もし本当にそんな腹話術師がいたら、斬新だったでしょうね。
ですが~~~~
当然、凡人の月草に千里眼はなく、
その月草が操る人形・華に特別な力があるわけじゃありません。
なのに、まことしやかな噂は流れて、トラブルがやって来る♪ と。

うん。やっぱり雰囲気と言い、筋立てと言い、『しゃばけ』だ。

真実を語ると言われている華姫。
この設定に魅かれたと言うのはあります。
実は、魂のある人形だってこともあり得るかなぁと思ったし。
美しい姫様人形ってことで
『悪魔の花嫁』の中に出てきた 文楽人形 ”お初” を連想したせいもあるし、
しゃばけシリーズの中の1エピソード 『産土(うぶすな)』 を
思い出してしまったせいでもあります。
両方とも、かなりヘビーなお話で、この話も??? と身構えましたが
それは要らぬ心配だったようで。 ^^

そうそう。
江戸時代、お江戸は将軍様のおひざ元、大都会だったわけです。
今も、東京と言うと、大都会の代名詞かと思いますが、
冷たい街、と言うイメージがあると思います。
でも、畠中さんの解釈は、ちょっと違っておられるようですよ♪
素敵な解釈で、優しい気持ちになれました。

え?
もし、シリーズ化して、新刊が出たら?
う~~~ん。
面白いけどね~、も、いっかな~。
2017.03.03 卒業
昨日は雨模様の中、小姫の卒業式がありました。

4年前、大姫の卒業式のときに、卒業式に行くと言った私に対し
「なんで来るの!?」
と、少しキレ気味で訊いてきた大姫の態度に
そっか、高校生ともなれば、もう親に卒業式のような行事には
参加して欲しくないんだなと学んだ私。
小姫のときには行かないでいようと考えていました。
一応、小姫には
「式の後は、お友達といたいだろうから
卒業式には行かないつもりでいるけど、どうかな?」
と訊いてみましたが、
なんか… 来て欲しいとも、来て欲しくないともはっきり言わなくて。
でもこれは、来て欲しくないって言い辛いからだろうなと
私は解釈しました。

木曜日は仕事が入っているし、まぁ、それでいいか…と
思っていたんです。

ところが。

「お母さん、私なんかで表彰されるらしい。壇上で表彰状受け取るらしい。」
と、言うではありませんか。
「もしかして、私の勘違いなのかもしれないけど。」
と。
は??? なんですと????
そりゃ、行かにゃ♪♪
「え~~~、なにそれ、見たいじゃん。お母さん行ってもいい?」
と、訊いたら、実は来てくれたらいいな~と思っていたと。
ただ、確かに式後は友だちのところへ行っちゃうから
来てもらって、親ほったらかしにして行っちゃうのもなんだなぁと思っていたと
そう言うではありませんか。

なんだよっ、早く言ってよっ、そういうことはっ!!!

ほったらかしって、当たり前じゃん!!
そんなの、一体どの親が気にするっての!?

で、急遽、シフトを代わって貰って、行って来ました。

いい式でした♪
茶目っけのある、笑顔いっぱいの卒業式でした。
涙も… ま、ちょっとはあったけど
総じて明るく楽しい式でした♪

で。
表彰ですが。
聞き違いじゃありませんでしたよぅ。
なので、
卒業証書と、3カ年間皆勤賞証書と、
そして、もうひとつ、壇上でわざわざ賜ったもう一つの賞状で
計3枚の賞状を頂いて帰ってきました。
すげ~~~♪
頑張ったのね。

皆勤賞の副賞として、時計も頂きました。
「これ… これから先も遅刻なんかしないで頑張れって
意味合いだよねぇ… (^^;;;;; 。」
と、小姫と笑ってしまいました。

担任の先生からもプレゼントがあって
クラス全員にタオルハンカチが配られました。
しかも、名前入り。

うぅっ! 先生~~(ToT)
おぜわになりまじだーーー

私のほうが泣きそうですよ、まったく!

行けて良かった。
午前中、なんとか持ってくれた空と
急遽、シフトを代わってくれた仕事先の人に
深く深く感謝します。


ありがとう。



PS 今更だけど、『3月9日』っていい歌だなぁ…。