文字通りの大仕事ってのはあるもので。
毎年思うけど、大変だ…。

今年は…
ん?????????
顔色、悪いですか?
呼吸もどことなく苦しそう??
舌もいつもよりは滑らかじゃないような。

不調か、はたまた、疲労か
(不調なら、間違いなく疲労から来てそうだけど ^^;)

とにかくとにかく
大事を取って早めに就寝を。

おやすみなさい。良い夢を。

2017.06.28 似非Japanesque
本日、新曲のリリース日。
公開目前に迫った映画の主題歌になっている曲で
もう随分前からラジオやテレビで放送に乗っていて
新曲感、ちょっと薄れてます。(笑)

伊賀者、甲賀者の例を挙げるまでもなく、
忍者は実在したようですが、
小説や漫画で見るような超人的な術を使う人たち
と言うよりは、
優れた科学者たちだった、と言う説が有力のようです。

なるほど、そりゃそうだ。

でも、フィクションなら、より怪しくよりドラマティックなほうが
見聞きするのは楽しいですからね♪
尾ひれがついたんでしょう。^^

さて。曲です。
今日のタイトルにしたように、似非japanesque と言っても
いいんじゃないか?
でも、この ”似非モノ感” がねぇ~、昔から好きな私にとっては
なかなか ”ツボ” です。

イントロ部分でなされる手の動き!
全部じゃないにしろ、九字の印を結んでますねぇ。
逆光で、良く見えないけど。^^;
映画の中では、その手ぶりを談春さんが演られてるとか。
ふっふ~♪ 護りのまじない! 忍者っぽ~い♪
こうことだけで、ワクワク出来る私って、単純…

映画はこれから封切りなんで、当然観てないんですが、
エンドロールにこの曲が流れてきたら、
合うだろうなぁ~というイメージはわきます。
ちょっとね、気だるい感じの編曲がぴったりかな、と。

いつもながら、詞のほうは、物語の筋に沿わせていますね。
主人公・無門が、恋女房のお国に向けた想いそのもの。
なのに… ねぇ…
ネタばれしちゃうから、はっきり書けないけど。^^;;

テーマが ”しのび” という 明確なイメージのMVは
ま~~~、カッコ良く作られてます。
恐らく、ですよ?
恐らく、ですが
本物は、こう言う ”見せる” 動きは一切しなかったのでは。
寧ろ、卑怯と言われようが、カッコ悪いと言われようが
地味すぎると言われようが
極力、最小の動きだけで目的を達したんじゃなかろうか?
至極、効率的に。
だから、リアルかどうかと問われれば NO なんでしょうが、
忍者と言われてイメージする動きの派手さは
しっかり踏襲していて、見ごたえあります。

振り付けは、無門!(違っ)
確かに! 
だって ”っぽい” もの。
そして、今回は、映像演出にもちょっとこだわりが?
へぇ!
そういうこと、口に出さなそうなのに!
つまりは、それほど、思い入れがあるってことなのかな…。
お陰で、楽しめました。

さて、メイキング含めて、もう一回見てみよっかな。

2017.06.17 ordinary days
タイトルは ”普通の日々” とつけました。
勿論のこと、ソロ曲から引っ張ってきました。

34才、おめでとうございます。
職業柄、まぁ、問題が全くないと言えば嘘になりますが、
浮名を流すこと自体を悪く言うつもりはありません。
だって…
当たり前っつ~か、普通のことだものねぇ。

でも、その当たり前のことを切って捨てることをこそ
普通の状態でいる異常さが恐ろしいです。

ソロ曲、批判がちらほらあったのは知っています。
”連想” させるものが、生々しかったからでしょうが、
ライブ映像で見るその曲は
美しく、哀しかった。

ダンス・ナンバーのイメージが湧かなかった曲なのに
敢えての激しい振り付け。
叩き付けてるわけじゃない。けど、
ある種、悲鳴のように見えて、哀しかった…

1光年は、1秒で地球を七まわり半する光が
1年掛けて移動できる距離。
それだけでも、気が遠くなるような距離。
だもの。
例えば、1000光年が、1100光年に1割アップしたからって
何か、変わります???
手が届かないほど遠いってことに、変わりはないですよ、うん。
ならば、100光年ばかしの距離、黙殺すればいいのです。

って、ムリか。ファンなら。

あ~、お祝いムードの記事じゃなくなってきちゃった。
本筋に戻しましょうか。

今年封切られる映画は、どんなでしょうね。
役柄としては、天才で、孤独な(でも、信の置ける仲間はいる!)人でしたね。
ん? ちょっと、イメージ重なりますか?
斜に構えて、クールにふるまうところとか。
小説は、最後の最後で 「へ!?」 となってしまったけれど、
映像化するならば、そのほうが、優しい気持ちで映画館を後に出来るかも。

そして、その次の映画出演も決まっていますね。
先輩との共演ですが、
やっぱり、原作も台本も読まずに現場入りなさるでしょうか。
ちょ~~~~っと… 大変かも…。
原作の通りならば、ず~~~っと心を揺らして擦り減らしていく役です。
どこかで ”癒し” がなければ、精神的にきつそう。

大丈夫かな~ って、私が心配しても
ま~~~~~~~~~~ったく 何の足しにもならないけれど。

何がしかの癒しに恵まれて
お仕事が上首尾に運びますよう、祈っています。

そして、最後にもう一度。
Happy birthday to you!!


2017.06.04 Making
昨日の続き…??

通常版のほうを入手したので、
アリーナ・ツアーの映像は観ることが叶いませんが、
その代わり
ツアーのメイキング、つまりは舞台裏の様子は
垣間見ることができました。

白鳥のたとえを引くまでもなく、
大っ変だ、ホントに。
今回は、細かくつくり込んだツアーじゃないと演出担当が
発言してらしたけど、
いやぁ… それでも、舞台装置から、視覚的エフェクトから
衣装や曲目の微調整に至るまで、物凄い労力。

そしてそれに平行して、パフォーマンスのレッスンに次ぐレッスン。
勿論、多忙な彼らだから、余裕を持ってゆっくり覚える時間など無く。
今までの経験と感覚を総動員しての習得。

本番でもそりゃ、汗はかくけれども
準備段階での泥臭い汗、と言うか、練習&練習&練習の努力。
ホントに頭が下がります。

待っている人がいる… と思うと、出来るもんなんでしょう… か?
そういう経験がないから、想像も及ばないけれど。

そして、やっぱり裏方のスタッフさん方ですよね。
無理難題も、
たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくさん
あると思うんです。
それこそ、スポット・ライトが当たる場所じゃないから
待っている人がいるから頑張る!的なモチベーションで
メンタル維持出来るわけじゃないですしね。
その辺、もう、プライドかなぁ。
プライドに掛けて、妥協を許さない仕事をするのか?
尊敬します。ホントに。

華やかな本番の衣装や笑顔より
Tシャツやスウェットで、マスクしてたりタオル巻いてたりの姿が好き。
ニコリともせず、真剣に物事に取り組んでいる姿のほうが好き。
ブレイクタイムに見せる、ふぅと一息ついてる笑顔のほうが好き。
上手くいかない自分に地団太踏んで悔しがる姿のほうが好き。

後ろから支えてくれるスタッフさんがたとともに
表舞台じゃない場所に魅力を感じて心引かれます。


がんばりましたね。
お疲れさま、お茶でもどうぞ。
あ、ケーキでも焼いてきましょうか? (笑)



ふぅ~
案外早く観られました、ライブ・ブルーレイ。
相変わらず、華やかな… 煌びやかな… 世界観で
なんだろ、一種気後れを感じます (笑)
まぁ、ご本人たちもおっしゃってますが
夢の国の 夢の時間 
なんで、ワンクッション置いて観る分には楽しいんですけどね。
何しろエンターテイメントに徹してますからね。

ツアータイトル 『Are You Happy?』 は
直訳すれば、「幸せですか?」ですが、
ちょっと意訳するならば
「あなたがしあわせであったらいいなぁ。しあわせでいて欲しいなぁ。」
でしょうね。
優しいタイトルですが、もしかして、発する側がしあわせじゃないのかな…
だからこのタイトルが浮かんだのか… も?
もしそうだったら、気の毒………

さて。ちょこっとだけ中身のお話。
でも、ここから先は、鬱陶しさ大爆発なんでたたんどきます。