2009.03.10 歓送迎会考
3月弥生は、年度の切り替わり。
歓送会、歓迎会の季節ですね。

子どもにとってもそれは同じことで、
と、言うか、子どもにとってのほうがそのサイクルは早いかな。
幼稚園児なら、2~3年。
小学生なら、6年。
中学生なら、3年。
のサイクルですもんね。

ってことで、子ども会でも毎年、歓送迎会を催してます。
6年生、今まで、下級生の子と引っ張ってくれてどうもありがとう♪
新1年生、ようこそ♪
みたいに。^^

毎年、催されるそれですが、
各年の役員さんによって、その中身は様々だったりします。
その年度の最後に行うので、懐具合もものを言います。(笑)

私が最初に子ども会の役員をしたときには、
何故か会計さんが「お金がない、お金がない」ということだったので、
歓迎会は、極力お金の掛からない方法を考えました。
同じ子ども会に含まれていたマンションの最上階を貸してもらって
(その頃は、無料だったのですよ~、ありがたいことに!今はどうなんだろ?)
ゲーム大会を開きました。
会の一番最初に、新1年生に前に並んでもらって、
自分の名前を言ってもらって、
迎える側にお顔を覚えてもらう趣向。^^
伝言ゲームとか、ペットボトル・ボーリングとか、
小豆掴みゲームとか、ビンゴもやりました。
景品は、百円均一で調達。
ものすごくいいものじゃなくても、その場の雰囲気が楽しめれば、
いいかなぁと。

その年の歓送会は、6年生だけでゆったりとボーリング大会。
靴代から、ゲーム代から、全て無料!アンド、お弁当やら図書カードやらの
さまざまなお土産つき!
これはこれで、本当にゆったりとボーリングを楽しめたそうです。
(あまりに人数が少なくて、役員さんも全員は要らなかったから
私はついて行ってないのです。)

次に役員をしたときは、
歓送会が大ボーリング大会でした。
1年生から6年生まで、賑やか賑やか。
1年生から5年生までは、靴代は、自分持ちで、
6年生は、オール無料で、お土産つき。
会の最後に6年生に前に並んでもらって、
今までのお礼を下級生から送られて、拍手されたりなんかして。

歓迎会は、子ども会会長と副会長を中心にして、
新6年生にお手伝いしてもらってのお遊びの会。
(つまりは、次年度の登校班班長、副班長さんに
新入生の顔を覚えてもらうと言う考えで)
読み聞かせしたりとか、手遊びしたりとか、
新6年生による”学校クイズ~~”とかだったそうです。
これはこれで、和やか路線。

そして、今年は、
歓送迎会を一気に終わらせるべく、
大大ボーリング大会でした。
新1年生から、今の6年生までの合計7学年。
殆ど、ボーリング場貸切状態だったんじゃ無いかしらん??
新1年生と1年生には保護者付き添いが義務になっていたとは言え、
役員さん立ちは大変だったんじゃなかろうか???
まぁ、1回で全て終わらせたって所は、楽だったろうけれども。
(お金に余裕があれば、そう言うことも可能だからさ~)

ただ…。
このボーリング大会、みんなが楽しめるのは、とってもいいんだけど、
学年ごとに力が違うので、
それぞれの学年に分かれてのプレイになるんですよ。
多分、
6年生、5年生、4年生・・・・・・って順番で並んだと思われます。
新しく班を率いていく5年生と、
右も左も分からない(って、近頃はそうでもないけど)新1年生。
接触はありません。
う~~~ん。


最初の役員の時のように和気藹々とゲーム大会しないと
新1年生には意味がない。
と言うのは、大姫の意見。
年1回のボーリング大会を楽しみにしていて、
チープなペットボトルボーリングみたいなのは、つまらない。
と言うのは、小姫の意見。

高々、子ども会の歓送迎会ですが、難しいもんですね。



総会の後に、各ポジションごとに引継ぎも行われました。
書記の私は、来年度の書記さんと引き継ぎ。(当たり前~)

今年度は、書記って2人いたんです。
書記もまぁ、やること一杯なんで。
私が原稿を作って、もう一人の書記さんにメールで送って
その人が必要な枚数分コピ-をして、配布してたんです。
配布…とは言っても、割合定例会に配れば間に合うように
作っていたので、何度もしてないと思うんですけどね。^^;

前にも書きましたが、そのもう一人の書記さんは、
”なしのつぶて”さん。
私としては、一人でコピーも配布もしたほうが、
気が楽と言うか、スピーディーと言うか
そうだったんで、
一人で十分なんじゃないかとは思ってるんですけど…。

新書記さんは、小さい子がいるから、
うちで出来る仕事をってことで、書記を選んだようです。
確かに、うちでやる仕事なんですけど、
それは、すべて他の人と同じお仕事もしつつ、プラスアルファのお仕事。
書記をやってるからといって、他の仕事を免除されるかと言えば、
そうじゃないんですよ。
そんなことやってたら、仕事回らないし。
それに
メールに書類を添付すると言うことすら出来ないし、
モニターに映ってるページしかないと勘違いしてるし、
大丈夫かな~~。
なんかとっても不安。

加えて、引継ぎの時には
もう一人の書記さんが張り切っちゃって
色んなこと、まくしたてたんですよ。
でも、順序だててじゃなかったから、
話されれば話されるほど新書記さんは、混乱の極地!!
あ~~~、かわいそう。
失礼だけど、仕事の手順、もう一人の書記さんは知らないと思うよ。
仕事を知らない人から引き継がれるってありえないだろ~~~。
なんで、最後だけ張り切ったかな…。

側でその引継ぎを聞いていた役員さんが
「ビックリだよ~。なんで各務さんが引継ぎしてないのかと思った。
引継ぎは任せたのかと思った。」
だって。
「そのつもりはなかったんですけど、話そうと思うと
遮られちゃって。^^;」
そ、それしか言いようがないよねぇ…。

新書記さん、まだ3月中ですが、仕事を始めないといけません。
5月の早々に大きな行事も控えてるし、
電話番号も住所も載ってないから殆ど役に立たないんだけど
子ども会の名簿も早くに作らないとおかしなことになっちゃうし。
それは、翌日メールで教えてあげたけど、
折り返し来た電話の声は、かなり不安そう。

バトンタッチはしたけれど、暫くは補助係かもね。


2008.03.23 一期一会
辞書によると「一期一会」とは、

(1)〔茶会に臨む際には、その機会は一生に一度のものと心得て、
  主客ともに互いに誠意を尽くせ、の意〕一生に一度だけ出る茶の湯の会。

(2)一生に一度だけの機会。

だそうな。

本日の総会をもって、19年度子ども会、全て終了しました。
ホントはまだ4月を迎えていないので、
まだ19年度中なんですが、でも、この先なんらの行事も会合もないので、
19年度役員として動くことは皆無。
業務完了と言っていいでしょう。^^

ふぅ~~~。

この役が解かれれば、
子どもが同じクラスになったり、学校で引き受ける役員の種類が同じだったりしなければ、
共通項はなくなります。
共通項がなくなれば、接触を持たなくなるのが人の常。
この1年間どんなに仲良くしていようと、
関係は終わっていくでしょう。

そう考えるのは、私が悲観論者であるからってことじゃなく、
前回役員を受けたときの経験があるからです。

まさに一期一会。
一生にただ一度のお茶会です。
期間は1年と長いけど。

この1年、偶然にも11人の道が交差しただけ。
終われば、またそれぞれに伸びる道のりを歩いていく。
ちょっと寂しい気もしますが、摂理かな、と。

だから、さよならです。
一緒に頑張ってきたみなさん、さよなら。
どうぞ、お元気で。



2008.03.13 失敗
既に議案書を作り終えて
もう一人の書記さんに送り、
会計さんには会計監査に掛けてくれるように依頼し、
後は確認印が押されれば
すぐにでもコピーが出来るところまでやったの。

そして、来年度の書記さんに引継ぎすべく
CDに今まで作ってきた書類を全部焼いたの。

な・の・に・ぃ・~~~~~!!

ちょこちょこと変更が・・・・・・・・・(TOT)
これ、ちゃんと終われるんかいな????

いや、変更するのは、それほど大変じゃないんだけどね。
既にCDに焼いちゃったことが悔やまれます。
早目に準備を終えたい性質が仇となりました。
だって、CD-Rなんだもん、CD-RWじゃないんだもん。

・・・・・・・・・・・・・・・。
やり直しだわ、これ。

あ゛ぁぁぁぁぁぁ~~っ!! 失敗。


2008.03.08 終わったぁ♪
本日、子ども会最後の行事がありました。
名目としては、”6年生を送る会”なんですが、
中身は、みぃ~んなでボーリング♪

ほぼ学年ごとに分かれてのプレイなので、
正確に言うと”6年生を送る会”ってことになるのかどうかってのは
ちょっと疑問だったりしますが、
まぁ…、みんな楽しそうだったからいっか。^^

ドタキャンが相次いで、折角考えたレーンの組み合わせが、
ボロボロになっちゃったのは、ちょっと悲しかったけど、
組み合わせでトラブルはなかったようなんで良しとしますか。

例によって例の如く、1年生には、保護者付きの参加をお願いしました。
その甲斐あって、1年生のもたつきがなかったのは良かったんですが…
2年生が機械をいじくって、ゲームをひっちゃかめっちゃかにしちゃったようです。
2年生の担当していた役員さんが
「2年生にも保護者が必要なのかよっ!」
って、密かに突っ込みいれてました…。^^;;;;

それにしても、なんと言うか、みんな遊びなれてるのね。
ボーリングの球投げる格好が様になってる子もチラホラ。
スペア取ったり、ストライク取ったり、
なかなか上手なんですよね。
もっともガーターが出るのは、5、6年生の使ったレーンだけで、
4年生から下は、ガーターレスだったってのも好成績の要因ですけどね。
小姫は…、子ども会主催のものしか出たことないですからねぇ。
下手っぴ!
ってか、私自身も遊びは慣れてないんだけどさ。(自爆)

多少の”ありゃりゃ!?”はあったものの
(投げる寸前に足元に落としたりとか!ラッキーにも怪我はなかったから♪)
とにかく終わった♪
なにはともあれ、行事は終わった♪
ホッとしてます。


1年間、問題なしとはお世辞には言えなかったけれど、
事故や大怪我なんかもなかったし、
連れて行った子をどっかに置き忘れちゃった!なんてこともなかったし、
まぁ、成功した1年と言っていいでしょう。
後は、総会とそのあとの引継ぎが終われば、
来年度の役員さんにバトンタッチです。

ひゃっほ~♪
身軽になるぞぉ~~♪ \(^O^)/