2017.06.14 花戦さ
水曜日はレディース・ディ♪ と言うことで
タイトルの映画を観てきました。

も~~~~
キャストが豪華すぎで、それだけでもクラクラしそうでした。(笑)

天下人を花の力によって諫める
内容は、究極その一言に尽きますが
そこに至るまでの物語が静かに綴られていきます。

主役は池坊専好で、演じられたのは野村萬斎さん。
物語が始まったあたりは、無邪気な感じ。
生け花が好きで、松が好きで、世間には疎くて
どっかやんちゃで
なんとなく、狂言に出てくる太郎冠者とかを連想させます。
そのの~~~んびり、のびのびしていた時代に
織田信長だの~、豊臣秀吉だの~、千利休だの~、前田利家だの~に
出会うんですが、本人、今一、その凄さを理解してなくて。
そこがまた、見ていて楽しかったりします。

その専好の視線で物語が進むからなのか
信長が天下を取るとか、本能寺の変で死んでしまうとか
そのあとの三日天下とか
殆どすっ飛ばすようにして映画は進んじゃうんです。
10年位のときの流れを、「あれから10年が経った」 みたいな
ナレーションで済ますんですもん!
ある意味、力技です。

だから、秀吉が天下人になるのも映画の中ではあっという間。
そして、天下人になったあと、秀吉と言う人が壊れていくのも
あっという間だったりします。
トップに立つと言うことは、本当に難しいんでしょうね。
黒を白と言っても、まかり通ることが増えてくると
自分の中の価値観とか、道徳観とか、そういうものが崩壊していくものなのかも。
そして、トップの人の人格が崩壊していくときには、
その周りの人も巻き込まれずにはいられない悲劇。

専好の大切な人たち・・・
ひょんなことから親友になった利休も
お寺にお花をならいにくる市井の人たちも
幼馴染の大親友も
秀吉の人格崩壊に巻き込まれて、命を落としていきます。
命がどんどん消費されるように消えていくことに
打ちのめされてしまう専好ですが、
そこから、ギアが入るんですよね…
目つき、顔つきが、ガラッと変わる印象です。

花で仇を取る! 花戦さをする!
われに勝算あり!

決心してからの専好は、強いです。
刃を突き付けるような、血を流すような戦い方でなく
花を生けることで戦う。
そんな戦い方もあるんだなぁ…
もっとも、それに先駆けて利休がお茶で戦っていたんだけれど、
それは、失敗してしまったんですよね。
秀吉は、自分の出自とか、教養とか、品格について
相当、コンプレックスがあったから
逆効果になっちゃって。
(と言う、解釈で歴史を捉えていたと思います、この映画)

とは言え、命がけです。
利休の例を引くまでもなく、場合によっちゃ
お手打ちとか、処刑とかありえる事態ですから。

さて、花戦さの秘策とは? 
覚悟は秀吉に届くのか?
そして、戦さの結果は如何に!?

そこは… やっぱ黙っておくべきでしょうねぇ。
え~~~っと。
行ってください、映画館へ。(テヘッ)


サブタイトルが
『から紅の恋歌』
ってなってますね。
今回のテーマは、百人一首。
『ちはやふる』 の影響があるのかも??

ま、いいや。

今回の舞台は京都・大阪。
よって、西の高校生探偵・服部平次クンも加わってのストーリーで
面白さ、割り増しでした。
蘭チャンと新一クンのラブストーリー絡みもいいですけど、
和葉チャンと平次クンのほうもいいんですよね~♪

なんだろ?
もしかしたら、西訛りが好きなのかも、私。 σ(^^;)

今回は競技カルタが重要なアイテムでした。
競技と付いてるからには、そこには勝負が存在するわけで
そのへんもハラハラがあります。
それに、競技に使われるカルタは
当然のことながら、小倉百人一首ですよ♪
これ自体、謎を孕んでいる歌集ですからね♪
古典、嫌いじゃない私としては、そこもポイント高いです。

ちょび~~~っと、これはこじつけじゃろ~と
思う個所はありましが、でも、面白かったな~

それから、アクションを映画仕様にしてありました。
スペクタクル!!
映画館の大きなスクリーンでこそ生きる大仕掛け。
やっぱり、映画は映画館で、って感じます。



2017.04.26 緊急取調室
シーズン2が始まりました。
シーズン1が面白かったので、
毎週チェックの予定です♪

第1回目のゲストは
三田佳子さん。
とある殺人事件の容疑者として警察で取り調べを受ける役。

これが。
もう、ため息が出そうなほど鮮やか。

役柄としては、77歳の女性なんですが、
この回の大半を占める時間、身につけている服は、
”おばあちゃん”が身につけるイメージの服。
この服のときは、ちょい弱々しい老女の雰囲気を醸し出すのに
ドラマの終盤近くにちょっとおしゃれなブラウスとスカートで出てきた時は、
別人みたいにしゃんとしてます。
控え目ではあるけれど、芯の強い、頭のいい人って印象に
ガラッと変わるんですね。

お見事。
もう、惚れてまう~。

このドラマの主役は、天海祐希さん♪
天海さんも好き~♪
上司役に田中 哲司さん、同僚役に大杉 漣さん、小日向 文世さん、でんでんさん。
信頼の役者さんばっかりだ~♪♪
見ごたえ、ないわけがない!

ドラマらしいドラマ、堪能させていただきました。
まずは、ごちそうさまでした。



2017.04.26 LA LA LAND
『LA LA LAND』、観てきました。

ザ・ミュージカル! ザ・ハリウッド!
っていう印象です。

歌もダンスもピアノも
ホロ苦のサクセス・ストーリーも
申し分ありません。
さすが、話題の一本です。

が。

心が開いてなかったのか… な…
ときめくことは出来ませんでした。
ちょびっとだけ早い五月病かな!?


ディズニーのアニメ映画ですね。
観てきました。

とってもオーソドックスな冒険譚って展開でした。
故に、安心して見ていられる♪
絵もきれいでした…
南の島の濃密な空気の香りが嗅げそうなほど!
海の表現が話題でしたが、こちらも期待を裏切らない!
そして、人外の者の描写がまた…
その ”美” だけでも、心奪われて泣きそうになります(は、何故!?)

西洋人からポリネシア文化って、こう見えるんだろうな~と
頭のどこかでぼんやりそんなことを考えていました。
あの~、ちょっと、神秘的と言うか、スピリチュアルな感じと言うか、ね。
確かに、そういう部分はあるでしょうけれど、
当の本人たちは、そのことを殊更超自然的なものだとか
自分たちと掛け離れたものとしては考えてないような気がします。
なんと言うか、もっと身近と言うか。

ま、他文化を蔑んだ見方するより、
ず~~~~っと健全で好もしいですけどね♪

海に選ばれた少女、と言うと
『クジラ島の少女』 をイメージしました。
同じように伝説の勇者とか、そういう単語は出てきますが
こちらはよりファンタジー要素は少なめで、シリアス路線。
イメージ的にこうも違うのかと思うほど違いますね…

それと、女神の存在が良かったな~
光は影、影はすなわち光。
それを見抜くのは、天性のものってことになるんでしょうね。
こう言う設定は好きです。
『はるかなる光の国へ』の石の魔女と大地の女神のよう
『妖女サイベルの呼び声』のブラモアとライラレンのよう

つまりはストーリーも小道具も王道ってことになるんでしょうかね。
でも、王道、悪くありません。
結構な気に入り具合です♪