ふははっ
実は、衝動買い的にCDも買っちまったぜっ!
あかん……(^_^;)

さて、第14巻まで読み進んでます。
うん、今のとこ最新刊です。

感想は……、号泣してて書けません……


ベタな展開なんだけど、だからこそそれに
浸っていたい、酔っていたい
涙にくれてたい



2017.03.08 まことの華姫
『しゃばけシリーズ』の作者・畠中恵さんの作品です。

姫様人形である ”お華” は、真実を語る人形!? 
江戸の人たちは、お華の言葉を聞きたくて、見世物小屋へやって来る… 

大まかな設定は、そんな感じですかね。
舞台は江戸ですし、勿論時代も江戸ですし、
登場人物を変えた ”しゃばけ” かなぁという印象です。

なので、ま、ハズレじゃないんですが…。
もうちょっと路線を変えてもよかったかなぁと思ったりもしています。

収録されているのは、
まことの華姫
十人いた
西国からの客
夢買い
昔から来た死
の5編。

『まことの華姫』では、お華がなぜ真実を語ると言われるのかも含めた
登場人物紹介
『十人いた』では、行方不明の子どもを華姫に探してもらう話
『西国からの客』は、江戸から遠く離れた西のお店の跡継ぎ問題の話
『夢買い』は、自分の娘を旗本の側室にしたい人たちのいざこざ
『昔から来た死』で、主要人物の一人である月草が自分の過去と
向かい合う話

それぞれ、ライト・ミステリー仕立てです。
これも評判が良ければ、シリーズ化… 考えられてるかもしれません。
最初の章で、人物紹介をたっぷりやっているのを見ると
そんな気配がします。

芸人・月草はさえない風貌の元人形師の男性で
4年前に負った怪我がもとで今は人形師を諦めて、人形遣い。
人形は、文楽で使うようなものだと思うんですが、
月草の芸は、もっと軽やか。
ちょうど、いっこく堂さんをイメージして頂くといいと思います。
腹話術、で、プラス動きは文楽っぽい感じ。(たぶん)
操る側は男性で、操られる人形は少女。
当時、もし本当にそんな腹話術師がいたら、斬新だったでしょうね。
ですが~~~~
当然、凡人の月草に千里眼はなく、
その月草が操る人形・華に特別な力があるわけじゃありません。
なのに、まことしやかな噂は流れて、トラブルがやって来る♪ と。

うん。やっぱり雰囲気と言い、筋立てと言い、『しゃばけ』だ。

真実を語ると言われている華姫。
この設定に魅かれたと言うのはあります。
実は、魂のある人形だってこともあり得るかなぁと思ったし。
美しい姫様人形ってことで
『悪魔の花嫁』の中に出てきた 文楽人形 ”お初” を連想したせいもあるし、
しゃばけシリーズの中の1エピソード 『産土(うぶすな)』 を
思い出してしまったせいでもあります。
両方とも、かなりヘビーなお話で、この話も??? と身構えましたが
それは要らぬ心配だったようで。 ^^

そうそう。
江戸時代、お江戸は将軍様のおひざ元、大都会だったわけです。
今も、東京と言うと、大都会の代名詞かと思いますが、
冷たい街、と言うイメージがあると思います。
でも、畠中さんの解釈は、ちょっと違っておられるようですよ♪
素敵な解釈で、優しい気持ちになれました。

え?
もし、シリーズ化して、新刊が出たら?
う~~~ん。
面白いけどね~、も、いっかな~。
これもまた、 ”books A to Z” で知った1冊です。
ジョージ・ソーンダーズさんの書かれた物語で、寓話…だと思います。

登場人物たちのイメージ…
『ドラムカンナの冒険』って人形劇を思い出します。
その話では、主人公のカンナは、元々は普通の人間だったけれど、
何故か理由も分からないまま、ゴミですべてが構築されている
ゴミリーヒリズに落ちてしまい…って話で、
当然のことながら、登場人物たちはすべてゴミの寄せ集め。
この話に出てくる人たちも、そんなよく分からないものを
寄せ集めたような体をしています。

そんな、冗談のような登場人物たちの話ですが、
なんともはや…
まーーーーーーーったく笑えない話でした。
もう… なんと言うか、リアルで。 ^^;

出てくるのは、内ホーナー国と、外ホーナー国
それに大ケラー国の3国。
内ホーナー国は小さな小さな国で、1度に一人しかその国内に
いられないほどの大きさ。
なので、順番に自国に入れるようにしているんですが
その間、他の国民たちは、一時滞在ゾーンと呼ばれる
外ホーナー国の領土に肩身の狭い思いをしているしかありません。

領土問題と言うのは、どうやら、作り物の世界の中でも
現実の世界でも火種となりうるようで…。
その領土問題を言いがかりのきっかけにして
平和の均衡が瓦解します。

幼少の頃の不幸を逆恨みして内ホーナー人たちを迫害しまくるフィル。
あれ??? これって、あのジェノサイドにそっくりでは?
激しく既視感があります。

簡単なことを、言葉を弄ぶようにしてこねくり回し、
頭がよさそうな雰囲気を作り、やがて大統領の座も簒奪するフィル。
なんかこれも… どこぞの国のリーダーにいませんでしたっけ?
ここまであからさまに内容がないってことはなかったけど
コピーライターもかくやの端的物言いでの自己演出、見た気がするんですが。 ^^;;

もしくは、やたら、自分たちの国民性を持ちあげ、優越感を煽るとか、
国境に有刺鉄線張っちゃうとか
ちょっとでも、自国にはみ出そうものなら、税を取るぞ、とか
あまりにも近々に聞いたような言葉で、
もう、愕然とするしかありません。

ネタばれしちゃうと、この話は


この頃、こればっかりになっちゃったかな?
books A to Z” で、紹介されていた1冊です。

ノン・フィクション と言うか、告白本 と言うか…。
主に絵画を取り扱う世界の暴露本とも言える本で
かなりスキャンダラスと言えば、スキャンダラス。

が。

あまりに遠い話過ぎて、スキャンダラスに読み切れませんでした。
なんか… 楽しんじゃった♪ (コラコラ ^^;)

そもそも、芸術って、嗜好品だと思うんです。
乱暴? はい、乱暴な言い方です。自覚あります。
でも、その乱暴を通させてもらって、言わせてもらうなら、
究極、作品を好きか嫌いか、もしくは何にも感じないか、の
3択しかないように思うんですよね。
ってことは。
好きになった作品が、価値のある作品。
って、知識が皆無の私は思うんだけど、それでよくないでしょうか?
ダメ?

でも、それだと商売になんないのか。 ^^;
(いや、無理やり商売しなくってもいいのにって思うけど)
ネームバリューのある作品 = 価値のある作品
って価値観で成り立つのが芸術を取り扱う商売の世界でしょうかね?
と言うか、そういう前提ありきじゃないと
この告白(告発)の本は成り立ちません。

著者は、ギィ・リブさん。
タイトルから察せられるとおり、贋作作家です。
娼館を営む両親のもとに生まれ、最初はそこそこ裕福ですが、
法律改正などに巻き込まれる形で、路上生活者に転落。
貧困の極み、辛酸をなめるんですが、
持って生まれた運なのか、会うべくして出会う人たちに導かれるように
贋作作家への道を選択していきます。

贋作と言うと、例えば、ダ・ヴィンチだったら
『モナ・リザ』をそっくり写し取ったかのような作品って、連想しませんか?
私はそうでしたが、ここに出てくる贋作と言うのは、
そうではなく、まだ世に出回ってない、巨匠の作品なんです。
一瞬、それって贋作????? って思いましたが、
そこに、巨匠のサインを入れたら、それ、贋作ですね、確かに。

最近、AIが ”レンブラント” の ”新作” を描いたと話題になりましたが
それは、本当にレンブラントが描いたものでなく、AIがレンブラントの作品をスキャンし
学習した結果、レンブラントの絵を描き上げたということで、
レンブラントの作品じゃないことは公表されているし、贋作ではありませんが、
これと同じことを、人がやってのけて、その上、サインもねつ造し
巨匠の作品だと言うことにする形と言えば、分かりやすいでしょうか。

でもそれ…
並大抵じゃ出来ないですよね。
他人になりきって、新たな作品を生み出すわけですが
そこには、猛勉強と、研究と、画材をそろえるための手間暇が漏れなく付いてきます。
感覚をとにかく研ぎ澄まして、描く。
他人の画風かもしれないけれど、心血注いで絵を描いていると言うこと自体には
嘘はないように思います。
そして、その作品の出来を測る物差しも存在するのだとしたら…
その達成感にハマるかもしれない。確かに。

ピカソ、シャガール、マティス、ルノワール、ダリ
モディリアーニ、デュフイ、マリー・ローランサン… エトセトラ
物凄いラインナップです。
当然、得るお金も相当なもので、リブ氏は遊興三昧できるほどの
巨額の富を手に入れます。
ただ…、やっぱり ”正しいお金” の得方ではなかったんでしょうね。
その報いはやってきます…。

アップ・ダウンの激しい(激しすぎる!!)リブさんの人生を
覗き見るだけでも、かなりスリリングですが、
そこに絵画流通世界の奥深い闇が絡んでいて
いかなる才能にも才覚にも恵まれていない私には
只々、遠く、めくるめく世界がそこにありました。
平穏無事な生活が気に入っているけれど、
こう言う万華鏡めいた美しく妖しく危ない世界にも
どうしようもなく魅かれます。

もし、才能に恵まれていたのなら、
イケナイコト、したい♪♪♪
あぁ、残念だな~



2017.02.01 美しい距離
これは、新聞の書評を見たのが最初だったか
それとも、やっぱり ”books A to Z" のほうが先だったか…
忘れてしまいましたが、
出会い方は、まぁ、どちらでもいいですよね。

山崎ナオコーラさんの作品です。
ページ数、165ページなので、
もし、持ち歩くのだとしても、圧迫感のない1冊です。
その上、装丁がやんわりしたピンクなので、尚更かな。
そう、
桜の花をソフトフォーカスで撮ったらこんなかなぁと
思うような表紙なんです。

ただ。
そうしたのには、そうしたなりの理由があるかもしれません。
中身は、結構な重たさです。

語り手は保険会社に勤めている40代の男性です。
極々、普通の人。
そして、その奥さんも普通の人ではありますが… 癌を患っています。
作品は、その奥さんが、徐々に弱って亡くなっていく状況を
静かに静かに淡々と描いていきます。

子どもがいない夫婦の故か、
少女の部分をどこか残しているような印象の奥さんはでも
とても冷静です。
生きることを諦めてはいないけれど、
病気と闘うと言うようなスタンスではいない。
なるほど、こう言う過ごし方もあるんですね。

語り手は、介護休業制度という制度を使って
かなりの時間を奥さんと一緒に過ごす時間に割きます。
この辺、保険会社に勤務しているということと
無関係ではないかな。
周りの理解も、得られてかなり色々フォローして貰えている印象です。

この男性、かなり女性的な発想をする人のような気がします。
病人と言えども、やって貰ったらイヤだなと思うことはある。
普段は普通に交わされる会話でも、毒に感じることもある。
そういうことを、細々気を配るんですが、
それ… 男の人って不得意じゃないかなぁ…。
それとも、相手が愛する奥さんだったら、出来るのか?
そしてその気配りは、相手が奥さんだけに限らず、
奥さんのお父さん、お母さん。
奥さんの仕事仲間、奥さんのファンにも向けられます。
医療関係者に向けても。
この距離の取り方が絶妙です。こんなん出来る人、いるのかなぁ…。

ただし、そう言う気遣いができる人は逆に
人の言動にかなり敏感だったりするのが難点かも。
(私は気遣い出来ないのに、人の言動に傷つきやすい最悪の人だけどさ~)

どんどん衰弱していく奥さんを目の前にして、
取り乱すこともなく、穏やかに
自分の出来る限りのことを精一杯やる夫と
同じく、取り乱すことなく、
未来を諦めずに、でも、死を拒絶せず過ごす妻…。
恐らく、当事者になったら、こんな綺麗には過ごせないだろうけれど、
こんな風だったら… なぁ…

この作品は
「星が動いている。」
と言う言葉から始まります。
そして、最後も ”宇宙が膨張していることに” にチラリと触れて
最初と最後が呼応するようになってます。
最後に出てくる宇宙のことについては、
ただ単に物理的な宇宙のことについて語っているだけでは
ないけれど。

静かな作品ですが、
読み終わると、頭の中が色んなことでグルグルしました。
只今、頭の中大暴風注意報発令中。