雨の日も、晴れの日も、昼も、夜も
空を見上げるのが好きです。
子どもの頃はそうでもなかったのにな~
何時からだっけ? 好きになったの。

人は途方に暮れると天を仰ぐ傾向があるように思うけど、
こんなに空ばっかり見るのは
私、困ってばかりいるのかしらん?

さて。
その空です。
昼の透き通った青の空を見ることも多いですが、
夜の星空を眺めることのほうが多いかもしれません。

私は宇宙飛行士でないから、
星々に近づくことは出来ません。
だけど、
星に思いを掛けることなら出来る。
星の歌を耳の中に聞いて
遠い星に思いを馳せることは出来ます。

星に向かってささやく私の声は小さくて
決して星には届かないんだろうけれど、
それで・・・ いい。

星に近付けるアストロノーツになってみたいけど
まかりまちがっても
イカロスになるのが関の山だって分かってる。

う~ん。私って、やっぱりつまんない人~(笑)


2017.11.14 もう年の瀬?
ハロウィンの大騒ぎが一段落すると
も~~、年末年始のあれこれ準備にまっしぐらーの気配。

だから、余計に時間が加速して過ぎていく感じがしちゃいます。

年賀状は言うに及ばず、クリスマスケーキ、おせち… etc.
そして、紅白ですか。
なんだか、急かされてる気がする。 ^^;

で、その歌合戦の総合司会、紅白それぞれの司会が
発表になりましたね。
今年は、内村さんに架純ちゃんに四男さんか…、成程。

ここのところ、アルバム&シングルとMVのメイキングで
四男さんへのインタビューを見たんですけど、
なんと言うか… どこまでもフラットな人だなぁと。
どんなに晴天の日が来ても、どんなに大荒れの日が来ても
自分を見失わない感じ。
物事は、相対的な目で見ることが多いけれど
この人の場合、自分なりのスケールがあって
絶対値で物事を判断するんだろうな。

だから、下手に盛り上がらない。
それを、つまらない人だと言えば言えるかもしれないけど、
私には驚異的なことに思えます。
揺るがないなにか。
うん、すごい。

さて、年末です。(え!?急に!?)
お蕎麦やお節の準備は手伝いません。
私はね~、邪魔になっちゃうんで♪
お掃除は… 必要かなぁ? 必要? 必要だよね、やっぱり。^^;
でも、やり方がいまだによく分かってないんだよな、大掃除って。
年賀状くらいは準備しないといけないかなぁ。
またすったもんだするんだろうな。
げんなり。

時間はいつもと同じように流れるのにね。
な~~んか、やっぱり特別感があるんだよなぁ。
不得意なんで、いっつも疲れちゃうんだけど。

そんなこと言ったら、歳神さまに叱られちゃうね。


2017.11.11 歯痒い
やりたいことも、
やらなくちゃいけないことも
書きたいことも
たくさんあるんだけど
如何せん、体調がズタズタ過ぎー

歯痒い
暦の上では冬になりましたが、
温かい日と、寒い日がガタガタにやってきていて
今が一体いつの季節なのか分からない日々を過ごしてます。

そんな中、
大姫が体調を崩し、高熱を出しているとのことで
昨日、すっ飛んで行ってきました。
アイスだ~の、リンゴだ~の、水分だ~のを色々買いこみ、
肉じゃがが食べたいとのリクエストがあったので
その材料も買い込み。

天気予報を信じて、傘は持たないで行ったんですが
はずれましたね…。 
結構降られちゃったので、ビニール傘も買っちゃいました。
重たい思いをしてテクテク…

よ~やっと着いて、早速料理開始。
ところが。
ところが、です。

料理をするような環境が整ってない~~~
え、鍋ってこれ?
菜箸どこ?
お砂糖どこ?
まさか、まな板これじゃないよね?
的な?

自炊してると聞いていたのに、
これ、ホントにしとるんかいな?????

とか言いつつ、なんとか作れはしたんですが。

私の座れるような場所がないよ~~~。
取り敢えず、他にやって欲しいことはないと言うことだったし、
伝染るといけないから、帰ってくれていいよ
とのご発言。

なので。
なので。
なので。

行って、作って… 即、退散。

その間座ったのは、トイレの間だけ。

マジっすか。

私も実は風邪ひいちゃってて~~~
雨の中行ったし、悪化しちゃったよん。

あ、そうそう。一つ教訓。
大姫のところに食べ物を持っていく場合は
自宅で出来たものを持っていく。
これだ。

はぁ~~~。
これからお仕事行かなくちゃ。
身体、ギシギシする。
も~~、 ウソでしょ!?




2017.11.03 未完
作詞・作曲野田洋次郎さんの
『ナラタージュ』と言う曲、いいなぁと思ってしまった♪

女の子が好きだった人のことを思い出している歌なのだけど、
思い方がひそやかで…。

好きな人が歌っていた歌のタイトルを知らない女の子。
でも、彼が口ずさんでいたメロディーは忘れてなくて。
こんなご時世だから、調べればタイトルぐらい分かるんでしょうけど、
 ♪  あなたが歌ってた 夏のあの歌の名前は 
     知らないままで ・・・・・・・・・・  いるね    ♪
と歌を終わらせてる。

上手いな~と思ってしまった。
遠の昔に終わってしまった恋だけど、
心ひそかに、終止符は打たない。

こんな風に完結させない方法ってあるんだなぁ。
すごい。